納骨しないといけないの?納骨をしない供養の方法や注意点を解説

疑問に思う女性

従来の供養では故人のご遺骨は火葬後、お墓へ埋葬されることが一般的でした。

そのため、「自分や周りの方の供養をする時もお墓へ納骨するのだろう」と漠然と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんなお墓への納骨に対して「故人と離れ離れになってしまう」「お墓の管理ができるかわからない」と不安に感じる方もいると耳にします。

特に、近年ではお墓の管理ができなくて困っているという方も増えているようです。

この記事では、お墓へ納骨をしない供養についてメリットや方法を詳しく解説します。

「納骨しない供養を検討したいがよくわからない」「周りに詳しい人がいなくて困っている」という方はぜひ参考にしてください。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

故人のご遺骨は納骨しなくてはいけない?

故人のご遺骨はお墓へ納骨をしなくても供養することができます。

故人のご遺骨を自分で管理して供養することや、山や海へ撒いて供養することもできます。

「『供養』とはお墓へ納骨すること」というイメージが広く浸透していることから、中には「いけないことなのではないか」「縁起が悪いことはないのだろうか」と不安に感じてしまう方もいると思いますが、そんなことはありません

現在の日本では、埋葬の方法は「墓地、埋葬等に関する法律」などの法律によって定められています。

ただし、供養は社会通念上に基づいた行為であることから、供養の方法について厳格に明記された法律はありません。

そのため、現行の法律や倫理・道徳意識を守った範囲内であれば、供養は自由に行うことができます

また、多くの場合、宗教上の考え方から、故人のご遺骨を自分で管理して供養する「手元供養」や、山や海へ撒いて供養する「散骨」について、「縁起が悪い」と言われることや反対されることはありません

「より多くの方に想っていただける尊い行い、良い行いである」と考える僧侶や神職の方もいるようです。

故人の周りの方にとって最も望ましい形で供養ができれば、故人にとっても喜ばしいことなのではないでしょうか。

納骨をしない供養のひとつである「手元供養」についてさらに詳しく知りたい方は▷手元供養とは?種類や費用、メリット・デメリットまで徹底解説をご覧ください。

また、「散骨」について気になる方は▷散骨はよくないことではない!よくないと言われる理由と対処法を解説で詳しく解説しているので、ぜひこちらをご覧ください。

納骨をしない供養でできるようになること5選

納骨をしない供養では、従来の供養にはない多くの魅力が存在します。

ここでは数多くある魅力のうち、特に注目度の高いものを5つご紹介します。

故人の存在を身近に感じる事ができる

従来のお墓へ納骨する供養とは異なり、故人の存在を身近に感じることができるようになります。

従来のお墓では、お墓が遠方にある場合や、忙しくてなかなかお参りにいけない場合もあると思います。

特に、墓地は人里離れた場所にあることが多く、「頻繁にお参りすることにハードルを感じる」という方も多いのではないでしょうか。

納骨をしない供養の一つである「手元供養」を行えば、お墓を室内に設けることもできるため故人の存在を身近に感じることができるようになります。

納骨をするとなかなかお参りに行けなくて寂しくなってしまう対処法についてさらに詳しく知りたい方は方は▷納骨をすると寂しい!寂しく感じる理由と対処法を解説をご覧ください。

宗教観やしきたりに縛られない

従来のお墓は寺院や神社によって管理されているため、それぞれの宗教・宗派ごとの考えに基づいて供養されます。

また、場合によっては地域ごとの慣わしや家ごとのしきたりに影響されることもあります。

一方、お墓へ納骨しない供養では宗教観やしきたりの影響を受けないため、自分なりの表現で故人を送り出すことができます

昔からの慣わしを守ることも大切ですが、後悔なく故人へ想いを伝えることも重要なのではないでしょうか。

「昔から存在する形式に縛られることなく、自分なりの方法で故人への感謝や想いを伝えたい」と考える方には、お墓へ納骨しない供養が向いていると言えるでしょう。

供養のハードルを下げる事ができる

従来の供養では「お墓の設置」や「読経の依頼」「納骨式会場の手配」などが必要であり、自分だけで行うにはハードルを感じる方もいるのではないでしょうか。

納骨をしない供養にはしきたりや決まりが存在しないため、自由な形で供養を行うことができます。

そのため、これまでの供養で行っていた準備は必要ありません

実際に、手元供養品の作成や散骨のみを行うという方も多くいます。

また、船や航空機を用いた散骨を行う場合には、故人の好んだ場所でクルーズや遊覧飛行を行うこともできます。

このように、従来の供養の中ではできなかった選択肢も検討することができます

天災などの影響を受けにくくなる

お墓での供養と異なり天災や天候の影響を受けません。

従来のお墓は屋外に設置されるため、どうしても雨風による経年劣化が生じてしまうことや、地震などの災害により壊れてしまう可能性があります。

お墓のない供養を選択すればこうした天災による影響の心配をしなくて済みます

また、手元供養品は手のひらに収まるサイズのものも多いため、自宅から離れる必要が生じた際も持ち運ぶことが容易です。

費用を抑えられる

従来、お墓を建てるためには「お墓の墓石代」「永代供養料」「維持管理費」が必要でした。

中でも、お墓の使用料である「永代供養料」は特に高額になることが多いです。

人気の霊園では1000万円以上になる例もあるようです。

お墓のない供養ならこれらの費用がいらないため、費用を抑えられるというメリットが存在します。

納骨をしない供養で気をつけるべきこと3選

納骨をしない供養にはさまざまな魅力がありますが、注意点を守らないとトラブルに発展してしまうこともあります。

ここでは納骨をしない供養をする際に気をつけるべきことを3つご紹介します。

周囲の理解を得る

供養は種類に限らず周囲の理解を得てから行うことが重要です。

特に、納骨をしない供養は従来の方法とは異なるため、特に年配の方を中心に反対されてしまうことがあります。

もし、供養について反対されてしまった際は「なぜ反対しているのか」「従来の供養でなくては行けない理由はなんなのか」を意識してお話しされると納得していただけることが多いです。

供養について反対されてしまった際の対処法を詳しく知りたい方は▷手元供養は良くないこと?良くないと言われる理由や対処法を徹底解説をご覧ください。

ご遺骨の状態に気を使う

ご遺骨の状態に気をつけましょう。

ご遺骨は適切な条件を守らないとカビが生えてしまうことや傷みが発生してしまうことがあります。

手元供養品を作成する際は、事前にカビや傷みの発生しにくい加工を行いましょう。

カビを発生させないためには「高温多湿な環境を避ける」「酸素に触れさせない」「清潔な状態を保つ」ことを意識することが必要です。

ご遺骨にカビを生やさないための工夫についてさらに詳しく知りたい方は▷粉骨するとカビが生える?大切な遺骨をカビから守る4つのポイントをご覧ください。

納骨の時期・タイミングに決まりはない

供養を行う時期やタイミングに決まりはありません。

焦らずゆっくり決めましょう。

「納骨をしなくてはいけない」という決まりはないため、納骨の有無も含めて自分の考えを優先して決めることができます。

周りの方が納得していないまま納骨や供養をしてしまうとトラブルの原因になってしまうこともあります。

温かみを感じる供養なら手元供養品「小さなお墓KOBO」がおすすめ

温かみを感じることのできる供養を検討されている方には「小さなお墓KOBO」がおすすめです。

「小さなお墓KOBO」はガラス製の小さなお墓で、著名クリエイターによって制作されたデザインが特徴です。

従来のお墓に対して「無機質」「なんとなくこわい」といった印象を持っている方もいるのではないでしょうか。

「小さなお墓KOBO」はこうしたイメージを覆すような温かみのあるデザインが特徴で、インテリアにも馴染むためリビングに置くこともできます

また、手のひらサイズのお墓であるため、引っ越しの際など持ち運びがしやすいことも魅力のひとつです。

「小さなお墓KOBO」についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
▷小さなお墓KOBO

お墓を作らない供養なら散骨がおすすめ

お墓を建てない供養なら「散骨」がおすすめです。

散骨とは、ご遺骨を海や山へ撒く供養のことで故人の好んだ景色や場所で送り出すことができます。

散骨を行うとお墓を作る必要がないため、これまでお墓の管理や維持で感じていた悩みを解決することができます

実績・経験豊富で安心して任せることのできる散骨業者をお探しの方にはブリーズガーデンがおすすめです。

ブリーズガーデンでは、自社内で「粉骨」「手元供養品の作成」「海洋散骨」のサービスを行っているため、最後まで責任を持って供養のお手伝いをさせていただくことができます

また、安全安心な海洋散骨を行うために不定期航路事業の届出を提出済みです。

現在、ブリーズガーデンではSNSを使ったお得なキャンペーンも実施中です。

ブリーズガーデンの海洋散骨サービスについて、さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

▷ブリーズガーデンの海洋散骨サービス

納骨をしない供養は、選択肢を広げることができる

納骨をしない供養を行うと、これまでお墓への納骨で感じていた悩みを解決することができます。

納骨をすることに少しでも抵抗を感じたら、納骨をしない「手元供養」や「散骨」を検討されてみてはいかがでしょうか。

故人を最も想うことのできる供養を選択できると、故人はもちろん周りの多くの方にとって良い供養になるでしょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事