納骨をすると寂しい!寂しく感じる理由と対処法を解説

納骨して寂しがっている女性

従来の供養では、故人のご遺骨は火葬をされたあとお墓へ納骨されます。

ご遺骨をお墓へ納骨すると「寂しい」と感じる方も多いのではないでしょうか。

特に、納骨を行うまで自宅に安置されていた場合はより一層、寂しく感じるという方もいると思います。

この記事ではお墓への納骨が「寂しい」と感じる理由と対処法について解説しています。

お墓への納骨を検討しているがに抵抗を感じるという方はぜひ参考にしてください。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

納骨をすると寂しいと感じてしまう5つの理由

これまで自宅で保管していた場合、ご遺骨をお墓へ納骨した途端に「寂しい」と感じる方が多いです。

ここでは、お墓へご遺骨を納骨すると「寂しい」と感じてしまう5つの理由をご紹介します。

精神的な繋がりがなくなってしまう感じる

ご遺骨を自宅に置いていた時には、「故人との距離を近くに感じた」「故人の存在を意識しなくても感じることができた」という方もいるのではないでしょうか。

お墓へ納骨をすると、どうしても毎日お参りに行くことや常に触れ合うことが難しくなってしまうため、故人との距離を感じるようになってしまうという方が多いです。

温かみを感じることが難しくなると考える

ご遺骨をお墓へ納めると、温かみを感じにくくなってしまうことで「寂しい」と感じる方もいます。

お墓に対して「無機質」「なんとなく近寄りづらい」と感じる方もいます。

特に、小さなお子様の場合はこのような抵抗を感じることが多いです。

近年は供養の形も多様化しており、従来の供養に対するイメージを覆すようなお墓も多数あります。

お墓への納骨に少しでも抵抗を感じたら、さまざまな選択肢を検討してみましょう

心残りに感じる事がある

供養に対して心残りや納得しきれていないことがあると、納骨した時に寂しく感じることがあります。

納骨を行う時期に決まりはありません。

焦って無理に納骨を行うと後悔することや、周囲の方とのトラブルに発展してしまうこともあります。

じっくりと考えて、周囲の方の納得できる形で供養を行いましょう

納骨を行う時期についてさらに詳しく知りたい方は▷納骨をする時期はいつ?決まりはある?おすすめの時期を紹介

納骨後は交流の場が少なくなる

多くの場合、納骨は供養の中で一つの区切りとなります。

そのため、納骨を行うと法要などを通じて交流していた方との会う機会が減ってしまう場合があります。

納骨しても定期的にコミュニケーションを取ることで寂しい気持ちを感じにくくすることができるようになります。

法要などのタイミングをあまり意識しすぎず連絡を取り合ってみてはいかがでしょうか。

納骨しても寂しさを感じないためには【おすすめの方法4選】

納骨しても寂しさを感じにくくするための工夫を4つご紹介します。

自宅の近くのお墓を選ぶ

自宅の近くにお墓を建てると、生活の中で故人の存在を感じやすくなります。

例えば、通学・通勤ルート上にお墓がある場合は、仕事や学校が忙しくても出勤・通学時にお墓参りを行うことができます。

悩み事や大きな出来事だけでなく、その日あった出来事をお話ししてもよいでしょう。

ライフスタイルに近づけることのできる供養をすることで、故人との距離を縮めることもできます。

納骨の時期は焦らず決める

納骨の時期は急いで決める必要はありません。

むしろ、周囲の方が完全に納得していない状態で強引に決めてしまうと、トラブルの原因となってしまうことがあります。

一度納骨をすると再度取り出すことは難しい場合が多いです。

納骨は焦らずじっくり考えた上で行いましょう。

温かみを感じるお墓、墓地を選ぶ

多くの方のお墓や供養に関するものに対するイメージは「無機質」「なんとなくこわい」「近寄り難い」といったものが多いのではないでしょうか。

特に、小さなお子様はお墓に対して抵抗を感じる場合が多いです。

近年は供養の形態が多様化しており、さまざまな様式のお墓が存在します。

霊園や寺院の屋外にあるお墓だけでなく、室内に設置されたお墓も増えています。

中には、これまでのお墓のイメージを覆すような、「温かみのあるお墓」や「家庭的な印象を与えるお墓」もあります。

従来のお墓に抵抗を感じる場合は、視野を広げてさまざまなお墓を検討されてみてはいかがでしょうか。

周囲の理解者を探す

供養やご遺骨について話すことに抵抗がなければ、周囲に理解者を探してみてはいかがでしょうか。

似たような経験をされた方や同じような悩みを感じている方がいれば、気が楽になるかもしれません。

自分の手だけでは解決できないと感じた場合には、一人で抱え込まず周りに助けを求めてみてはいかがでしょうか。

納骨をすると寂しいと感じたら「納骨をしない」という選択肢も

近年では故人を送り出す方法は多様化しており、供養に対する考え方も変化してきています。

従来は、「故人のご遺骨はお墓へ納骨される」ことが一般的でしたが、現在は「お墓へ納骨しない」という選択をされる方も増えています。

ここではお墓へ納骨しない供養の中でも人気のある「手元供養」について詳しく解説します。

手元供養をすると自宅にお墓を作ることもできる

「手元供養」を行うと、自宅の室内にお墓を置くことができるようになります。

手元供養品は「お墓」と考える方もいるため、自宅に置くことのできる手元供養品は「自宅墓」とも呼ばれます。

「お墓は墓地や霊園にあるものではないのか」と考える方もいるかもしれませんが、埋葬を行わなければ自宅の室内にお墓を作ることもできます。

自宅にお墓を建てることで、故人に生活を見守っていただくことができるようになります。

また、手元供養品は小さなサイズものが多いことが特徴です。

ペンダントなどの身につけることができる装飾品へ手元供養を行えば、いつどこにいても故人の存在を感じ取ることができるようになります。

自宅墓についてさらに詳しく知りたい方は▷自宅墓は室内に置ける?種類やメリットから注意点まで徹底解説をご覧ください。

お墓の色、大きさ、形にこだわる事ができる

従来のお墓には「無機質」「なんとなくこわい」「夜は少し近づき難い」といったイメージを持っている方も多いと思います。

ただし、手元供養品には温かみのあるものや洗練されたデザインのものまで多様な様式が存在します

これまでのお墓に対して抵抗を感じていた方は手元供養品を検討されてみてはいかがでしょうか。

手元供養品にはどのような種類のものがあるのかさらに詳しく知りたい方は▷手元供養品の種類や特徴を解説!全骨安置、分骨安置とはをご覧ください。

天災の影響を受けにくい

屋外に設置されているお墓は、災害や天候の変化の影響を受けてしまうことがあります。

雨や風の影響でどうしても経年劣化が生じてしまいます。

また、地震などの災害で壊れてしまう可能性もあります。

自宅で管理のできる手元供養品なら、雨や風の影響を受けることはありません。

また、手元供養品は小さなサイズのものも多く、災害時に持って避難することも可能です。

「お墓が天災によって壊れてしまわないか心配だ」という方には手元供養が適していると言えます。

温かみがあり持ち運びやすい手元供養品なら「小さなお墓KOBO」がおすすめ

温かみがあり、手のひらサイズの手元供養品をお探しの方には「小さなお墓KOBO」がおすすめです。

「小さなお墓KOBO」はガラス製の小さなお墓で、著名クリエイター作成のる温かみのあるデザインが特徴的です。

今ならSNSを使ったお得なキャンペーンも実施中です。

「小さなお墓KOBO」についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

▷小さなお墓KOBO

納骨を寂しいと感じたら他の供養も検討してみて!

納骨をすると故人の存在を感じにくくなってしまい「寂しい」と感じてしまうことがあります。

従来の供養はお墓への納骨が一般的でしたが、現在は「手元供養」など故人の存在を身近に感じることのできる供養の方法が増えています。

もし、少しでもお墓への納骨に抵抗を感じた場合には納骨以外の供養の仕方も検討してみましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事