改葬を行う理由は?改葬の際におすすめの供養方法も紹介

近年、「改葬」の需要が高まっていますが、中には「なぜ改葬をする必要があるのだろうか?」と意義を疑問に思われる方も多いです。

また改葬を検討されている方の中には、どのような供養方法にするか決めかねている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では改葬の需要が高まっている背景や改葬を行う理由をご紹介します。

改葬を行う際におすすめの供養方法についても合わせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

改葬とは

改葬とはお墓の引っ越しです。

改葬を行う場合、以下の3つの方法から選ぶことができます。

  • 遺骨と石碑を一緒に移動
  • 遺骨だけを移動
  • 遺骨の一部を移動

改葬を行うためには改葬許可申請書と受入許可書または墓地使用許可書、埋蔵証明書を現在埋葬をしているお墓のある自治体へ提出する必要があります。

受入許可証または墓地使用許可書は改葬先、埋葬証明書は現在埋葬している墓地の管理者に発行してもらいます。

改葬の需要が高まっている背景

改葬の需要が高まっている背景として、核家族化や遠方への転居によりお墓の管理が難しくなるという状況が増えたことが考えられます。

お墓参りや維持・管理の難しさから無理なく供養するために改葬を検討する方が多くいらっしゃいます。

改葬を行う理由

ここでは、改葬を行う代表的な理由をいくつかご紹介します。

利便性が悪い

引っ越しによりお墓までの距離が遠くなってしまった場合、改葬を考える方は多いです。

自宅からお墓までの距離が遠いとお墓参りにも行きづらく、維持管理を考えた場合も移動の面で手間がかかってしまいます。

お墓をひとつにまとめたい

複数あるお墓をひとつにまとめて管理しやすくしたいと考える方もいらっしゃいます。

ひとつにまとめることが出来れば管理しやすいだけでなく経済的な負担も減らすことができます。

宗教・宗派が変わった

お墓を管理する人が改宗した場合や、親世代と子世代で信仰が異なる場合などは改葬することが多いです。

ご自身とお墓の宗教・宗派が異なるとお墓参りすることが難しくなる場合があります。

そのため宗教の観点から改葬をする方も多いです。

家族に負担を掛けたくない

お墓の管理維持を家族に任せると、どうしても負担が大きくなります。

家族に負担を掛けたくないという理由で改葬を行う方も多くいらっしゃいます。

継承者がいない

近年は少子化により、夫婦で複数のお墓の管理をしているケースも多いです。

その子どもは両親から2つ以上のお墓を受け継ぎ、さらに負担が大きくなることが予想されます。

1つでも大変なお墓の維持管理を複数任せることにならないよう、継承者について考えた際に改葬を考える方も多いです。

改葬をする際におすすめの供養方法

改葬をする際に新たな供養方法を検討される方も多いでしょう。

おすすめの供養方法をいくつかご紹介します。

中にはお墓の管理が難しく、後継者もいないなどの理由で墓じまいをしたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらの記事では悔いなく墓じまいをするために、手続きやよくある疑問について触れながら墓じまいについて詳しく解説しています。

墓じまいついてさらに詳しく知りたい方は▷墓じまいの手続き|実は簡単?方法やよくある疑問も解説 をご覧ください。

永代供養を行う

永代供養をした場合、霊園や寺院がご遺骨を永代に渡って管理してくれるため、後継者がいない場合でも安心して供養することができます。

永代供養は墓じまいをした後でも行うことが可能です。

永代供養についてさらに詳しく知りたい方は▷墓じまいの後に永代供養する方法!費用・注意点も解説 をご覧ください。

樹木葬

樹木葬は従来のお墓のようにご遺骨を埋葬し、墓石の代わりに樹木を植える供養のことです。

一般的なお墓よりも費用を抑えて供養できる点や継承者がいらない点などから注目されることの多い供養方法です。

1つの樹木に1人のご遺骨を埋葬する「区画型樹木葬」や1つの樹木にご家族のご遺骨を埋葬する「個別型樹木葬」など、いくつか種類があります。

樹木葬ついてさらに詳しく知りたい方は▷散骨と樹木葬は何が違う?特徴、メリット・デメリットを徹底解説 をご覧ください。

手元供養

手元供養とは、ご遺骨を手元で保管する供養を指します。

お墓参りに行くことが難しい方や、費用を抑えたい方などから選ばれています。

ご遺骨を手元で管理するため故人の存在を身近に感じることができます。

手元供養ついてさらに詳しく知りたい方は▷手元供養とは?種類や費用、メリット・デメリットまで徹底解説 をご覧ください。

手元供養ならブリーズガーデン

近年手元供養の1つとしてガラスを使った小さなお墓が注目されています。

温かみのあるデザインが特徴的で、インテリアとしてもなじみやすく、小さいサイズのため置き場所にも困りません。

ガラス製のお墓はブリーズガーデンのKOBOがおすすめです。

ブリーズガーデンでは著名クリエイターがお墓を1つ1つ手作りしており、1つとして同じものがない作品です。

お墓の維持費や他の供養方法と比較しても経済的な負担が軽いことも特徴の1つです。

小さなお墓KOBOについてさらに詳しく知りたい方は▷ブリーズガーデン KOBOについてをご覧下さい。

改葬を行う理由は人それぞれ、自分に最も合った選択ができるように意識しよう

お墓を引っ越しさせる改葬を行う理由としては、利便性の悪さや複数のお墓をひとつにまとめたい、後継者がいないなどが挙げられます。

改葬をする際には永代供養や樹木葬、手元供養など様々な供養方法がありますので、供養にかけられる費用や継承者がいるかどうかなどの観点からご自身に合った供養方法を選ぶことが重要です。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事