分骨とは?意味や方法からメリット・デメリットまで徹底解説

近年、供養の形は多様化しており、従来の「お墓へ埋葬する」という供養だけではなく、ご遺骨を山や海へ撒く「散骨」やご遺骨や形見をアクセサリーや置物に加工する「手元供養」などが注目される機会が増えています。

このような言葉と合わせて「分骨」という言葉を耳にしたこともあるのではないでしょうか。

分骨はこれまであまり一般的に行われてこなかったことから

「分骨って聞いたことがあるけどあまりよくわからない」

「分骨について知りたいけど詳しい人が周りにいない」

と困っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では分骨を行う方法やメリット・デメリット、特徴について詳しく解説します。

分骨を検討しているがよく分からず不安だ、という方はぜひ参考にしてください。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

分骨とは

分骨とは、供養を目的におひとりのご遺骨を複数に分けることです。

分骨は主に「ご遺骨の火葬を終えた時」と「お墓を改葬する時」にされることが多いです。

分骨をすることで「今あるお墓は遠くてなかなかお参りできない」「お墓への供養だけでなく他の供養もしたい」といった悩みを解決することができます。

分骨を行う方法

分骨を行う際の流れは以下の通りです。

  1. ご遺骨の所有者から分骨をする許可を得る
  2. 分骨をする数の骨壺を用意する
  3. 分骨証明書の発行を受ける

分骨を行う方法は「ご遺骨の火葬を終えた時」と「お墓を改葬する時」で細かい点は異なりますが、大まかな流れは変わりません。

分骨を行う方法や費用、必要な手続きについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

▷分骨の方法とは?手順や費用から必要な手続き・供養方法まで解説

分骨を行うメリット・デメリット

分骨にはメリットとデメリットが存在します。

ここでは代表的なメリット・デメリットをご紹介します。

メリットとデメリットを把握した上で分骨を行うことができるようにしましょう。

分骨を行うメリット・デメリットについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

▷分骨でお墓の管理を楽に!分骨のメリットやデメリットを徹底解説

分骨を行うメリット

分骨を行うメリットの一つに「故人を自由な場所で供養することができる」という点が挙げられます。

分骨をするとお墓を複数建てることや、供養の選択肢を広げることができるようになります。

複数のお墓を建てることや供養の選択肢を広げることで「今あるお墓は遠方でなかなかお参りに行くことができない」「お墓へ納骨するだけではなく手元供養もしたい」といった悩みを解決することができます。

分骨を行うデメリット

分骨をするデメリットの一つに「供養にかかる費用が高くなる場合がある」という点が挙げられます。

分骨をしてお墓を複数の建てた場合には、それぞれのお墓ごとに費用がかかってしまいます。

また、すでに納骨されているお墓からご遺骨を取り出して分骨を行う場合には、お墓を開けるための工賃や閉眼供養のお布施代が発生します。

分骨に伴う費用を抑えるためには、お墓を複数建てるのではなく散骨や手元供養を行うことで費用を抑えることができます

分骨の特徴8選

分骨には従来の供養にはない特徴がいくつも存在します。

ここでは分骨の特徴を8つご紹介します。

特徴を掴むことで分骨に対するイメージを深めましょう。

分骨の特徴①分骨は良くないことではない

分骨はこれまであまり一般的に行われていなかったことから「違法ではないのか」「縁起が悪いことではないのか」と不安に感じる方もいるかもしれません。

しかし、実際には分骨は良くないことではありません

分骨を禁止する法律や、多くの宗教において分骨をいけないこととする教えはないためです。

分骨が良くないことなのではないかと不安に感じる方や良くないと言われてしまった時の対処法について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

▷分骨はよくないこと?よくないと言われてしまう理由と対処法を解説

分骨の特徴②分骨を行う部位に決まりはない

多くの場合では、分骨を行う部位には順番や重要度などの決まりはありません。

そもそも、分骨は特定の宗教などの考えに基づいて行われるものではないため臨機応変に行うことが可能です。

ただし、地域や家ごとのしきたりによっては決まりがある場合もあるため、不安な場合は周囲の方や家の年長者へ尋ねてみましょう。

分骨を行う部位の決まりについてさらに詳しく知りたい方は▷分骨をする部位に決まりはある?分骨に適した部位、注意点を解説をご覧ください。

分骨の特徴③分骨にかかる費用は大きく分けて「骨壺代」「書類の発行料」「供養代」

分骨にかかる費用は大きく分けて「骨壺代」「書類の発行料」「供養代」の3つです。

ただし、「ご遺骨の火葬を終えた時」と「お墓を改葬する時」で分骨に必要な費用は変わる場合があります。

また、自分に合った供養を選択することで、分骨の後に行う供養にかかる費用を上手に抑えるようになります。

分骨にかかる費用についてさらに詳しく知りたい方は▷分骨とは?分骨するときにかかる費用を項目別にわかりやすく解説をごらんください。

分骨の特徴④分骨は自分でできる

分骨は「供養の一部であるから専門の業者や僧侶に頼むべきなのではないか」と考える方もいますが、分骨は自分で行うことができます。

ご遺骨を分ける行為に専門的な資格や技能は必要ありません

ただし、ご遺骨がお墓へ納骨されている場合には注意が必要です。

お墓に納骨されたご遺骨を取り出す際には墓石を開ける必要がありますが、墓石は非常に重たいため自力で開けようとすると墓石を破損してしまうことや怪我をしてしまうこともあります。

そのため、ご遺骨がお墓へ納骨されている場合には石材店へ依頼をすることをおすすめします。

自分で分骨を行う方法やメリットについてさらに詳しく知りたい方は▷分骨は自分でできる?自分で行うメリットやタイミングを徹底解説をご覧ください。

分骨の特徴⑤分骨を行う服装に決まりはない

分骨に宗教的な考えに基づくマナーや決まりは存在しません。

そのため、分骨を行う際の服装にも決まりはありません。

ただし、多くの場合では分骨を行う場所や時期によって、喪服と平服を使い分けることが多いようです。

分骨を行う際の服装についてさらに詳しく知りたい方は▷分骨の服装は喪服が正解?分骨に適した服装や選ぶときの注意点を解説をご覧ください。

分骨の特徴⑥適切な対策を行わないと分骨でトラブルになってしまうこともある

分骨は故人のご遺骨を分けるというデリケートな行為であるため、周囲の方としっかりと話し合わなければなりません。

特に、ご遺骨の所有者である祭祀継承者の同意を得られないまま分骨を行うとトラブルの原因となってしまうこともあるようです。

分骨のトラブルについて原因や対策を詳しく知りたい方は▷分骨のトラブルとは?トラブルの原因と解決するポイントを解説をご覧ください。

分骨の特徴⑦分骨のタイミングに決まりはない

分骨を行うタイミングには決まりはありません。

ご家族や周囲の方の望むタイミングで行うことができます。

おすすめのタイミングには「遠方へ引越しをする時」「お墓参りに行くことが難しくなった時」などが挙げられます。

分骨に適したタイミングたタイミングごとに必要な準備について詳しく知りたい方は▷適切な分骨のタイミングとは?分骨のタイミングで異なる手続きや書類をご覧ください。

分骨の特徴⑧分骨したご遺骨を置く場所に注意が必要

分骨をした後にご遺骨を自宅に置く場合には注意が必要です。

ご遺骨は湿気の多い場所や風通しの悪い場所ではカビが生えやすいため、なるべく風通しの良い冷暗所での保管をしなければなりません。

ご遺骨を骨壷で保管される場合には特に注意が必要です。

骨壺は密閉されておらず外気と触れる機会が多いため、カビの原因となるカビ胞子や湿気を遮断することが難しいです。

そのため、ご遺骨を自宅で保管される際には密閉が可能な手元供養品への封入をおすすめします。

▷分骨を家に置くときの保管方法や注意点、おすすめの手元供養品を紹介

また、手元供養品の作成を検討されている方には小さなお墓KOBOがおすすめです。

小さなお墓KOBOはガラス製の手元供養品で、温かみのあるデザインからインテリアに馴染みやすいことが特徴的です。

また、ご遺骨はガラス容器内に密閉されるためカビが発生する心配がありません。

小さなお墓KOBOについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

▷小さなお墓KOBO

分骨とは供養の選択肢を広げて多くの方を幸せにすること!

分骨をすると、故人は多くの方に供養してもらうことができます。

また、ご家族や周囲の方にとっても故人を想う選択肢が広がるため、最も適した形で供養をすることができるようになります。

分骨の特徴をしっかりと把握した上で後悔のない分骨をできるようにしましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事