適切な分骨のタイミングとは?分骨のタイミングで異なる手続きや書類

総本山と梅の花

分骨を行うタイミングは状況によって様々です。

「火葬の時に分骨を行う手続き」と「納骨後に分骨を行う手続き」は、価格や準備する資料が異なります。

分骨する理由は様々ですが、状況によって異なる手続きなどの方法を知ることで、スムーズに分骨の手続きができるでしょう。

そこでこの記事では、想定される分骨のタイミングや手続きの違いを解説します。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

分骨とは?

分骨とは、故人のご遺骨を複数に分けることです。 昨今、お墓の場所や管理費用などの問題で、手元供養や海洋散骨を選択される方が増加傾向にあります。

分骨を検討した方が良い方

お墓は長い年月を掛け、何世代に渡って管理できるイメージがありますが、管理費用や新しくお墓を作る費用は高額になる傾向にあります。

そのためお墓を作らない手元供養や、海や山に細かく砕いたご遺骨を撒いて供養する散骨などの供養方法を選択される方もいらっしゃいます。

多様化する供養の方法の中で、分骨を検討した方が良い方の特徴をご紹介します。

お墓の場所が遠い方

お墓の場所が遠く、なかなかお墓参りに行くタイミングがない方は分骨を検討してみてはいかがでしょうか。

現在のお墓のご遺骨の一部を分骨し近いお墓に移したり、手元供養品にご遺骨を入れてご自宅で保管することによって、いつでも故人を身近に感じることができます。

お墓が複数ある方

親族が多い方は、複数お墓を持つこともあります。

分骨を行うことで違う場所にあるお墓それぞれに納骨ができるため、検討してみてはいかがでしょうか。

墓じまいを検討している方

お墓の場所や管理費用など、様々な理由で墓じまいを検討している方も分骨を検討してみてはいかがでしょうか。

現在のお墓の管理が大変になった場合、ご遺骨の一部を手元供養として分骨し、残ったご遺骨は海洋散骨などで供養することも考えられます。

考えられる分骨のタイミング

分骨のタイミングは大きく分けて2つのタイミングに分かれます。

タイミングごとに用意する書類や手続きが異なるため、分骨を検討している方は確認しておきましょう。

火葬の後に分骨する

故人が火葬された後に分骨をすることが決まっている場合は、火葬の後に火葬場の担当職員が専用の手続きを行ってくれます。

その時に分骨証明書を、分骨した数だけ発行してくれます。

この分骨証明書は、納骨時に必要になる大切な書類なので、保管には十分注意しましょう。

納骨後に分骨する

すでに故人が納骨された後に様々な事情で分骨を選択するパターンです。

遠方への引越しや墓じまい、ご遺骨の一部を手元供養したい場合などの分骨が該当します。

この時の分骨には、祭祀者と呼ばれるご遺骨の管理者の許可が必要です。

後のトラブルを避けるためにも祭祀者に相談し、合意を得ておきましょう。

この場合、元のお墓からご遺骨を分骨する量によって必要な書類が変わってきます。

ご遺骨の一部を取り出す場合

納骨されている墓地の管理者やご住職、管理事務所に連絡し、分骨証明書を発行してもらいましょう。

他のお墓に納骨する際に必ず必要になるため、分骨証明書はご遺骨を分ける数だけ発行することが重要です。

分骨したご遺骨を別のお墓に移す場合は、移す予定の墓地で受け入れ証明書が必要になります。

ご遺骨の全てを取り出す場合

墓じまいなどでご遺骨を全て取り出す場合には、該当の市町村の役所で改葬許可申請書を発行する必要があります。

また、墓じまいするお墓は閉眼法要を行いますので、お布施の用意なども必要です。

おすすめの分骨のタイミングは火葬の時

分骨の一番良いタイミングは火葬の時に分骨を行うことです。

火葬場の担当者に申請すれば、分骨分の分骨証明書を発行してもらえます。

その後、納骨をするタイミングで分骨証明書を提出するだけなので、時間や費用も最低限で分骨を行うことができます。

故人の遺志や供養方法があらかじめ決まっている場合には、火葬のタイミングで分骨証明書を受け取っておきましょう。

分骨を急ぎすぎないようにご注意を

タイミングとしては火葬の時が最適ですが、大切な方を亡くしたばかりで親族の気持ちが落ち着いていない場合、ご親族の同意が得られない場合もあります。

デリケートな問題ですので、急ぎすぎず、しっかりと話し合って決めましょう。

そのほかの分骨のタイミング

そのほかに想定される分骨のタイミングを解説します。

①家族の引越しのタイミング

ご家族の引越しのタイミングで分骨することで、遠くに離れていても故人を身近に感じることができます。

お墓の距離でお墓参りの頻度は変動することが多いため、故人を身近に感じたい方にはこのタイミングでの分骨を検討してもよいかもしれません。

②身体が悪くなってお墓参りが厳しくなってきたとき

体が悪くなってしまいお墓参りが難しくなってしまった場合、分骨を行い手元供養を行うことを検討してはいかがでしょうか。

ご自宅で供養することができるため、お墓参りに行けなくても大切な故人を身近に感じることができます。

分骨の一番のタイミングは故人をそばで感じていたいと思ったとき

分骨のタイミングによって必要な書類や方法は異なりますが、故人をそばで感じたいと思った時が、一番の分骨のタイミングかもしれません。

分骨の際には近親者ともしっかりと話し合い、トラブルを避けることも重要です。

もしも分骨の方法や書類の発行方法などがわからない時は、専門の業者に相談し、不安点をしっかりと解決しましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事