分骨の服装は喪服が正解?分骨に適した服装や選ぶときの注意点を解説

女性 喪服

新しい供養の形として故人のご遺骨を複数箇所に分け供養をする「分骨」が注目されています。

一般的にお葬式の服装は喪服で参加することが多いと思いますが、「分骨をする際も喪服でいいのだろうか」と悩まれる方もいるのではないでしょうか。

今回は分骨を行う際に適した服装を、タイミング別に解説していきます。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

分骨とは?

分骨とは、故人のご遺骨を複数箇所に納骨し、供養することです。

関西や一部地域では、明治以前より地域の習慣により分骨が一般的に行われているところもありました。

近年では、宗教観や地理的な制約に縛られない、経済的な負担が少ないといった理由から分骨を選択する方が全国的に増えています。

分骨後は「納骨する場所を分ける」他に、「遺骨を自宅の仏壇や装身具に納める手元供養」や「海や山へ撒く散骨」などの方法で供養を行うのが一般的です。

分骨はどんなときに行われる?

お墓を建てたり管理をするにあたって、問題が発生したときに分骨を検討されるケースがあります。

具体的には「地理的にお墓参りが大変」「故人を身近に感じたい」「お墓の費用や維持費などの負担を軽減したい」といった問題を感じた時に分骨を行うことが多いです。

分骨を行うタイミングは状況によって様々ですが、分骨するタイミングによって必要な手続きや注意点に変化があります。

分骨の適切なタイミングについて詳しく知りたいと感じた方は適切な分骨の

タイミングとは?分骨のタイミングで異なる手続きや書類で詳しく解説しています。

分骨をするときの服装

分骨に適した服装は、分骨を行う場所やタイミングによって喪服と平服を使い分けます。

この場合に適した喪服とは準喪服とも呼ばれ、喪主よりも一段格式を下げた服装です。

主にお通夜や告別式、葬儀の際に着用をします。

喪服と平服の違い

喪服とは?

男性の喪服はブラックスーツ、白のワイシャツ、黒で無地のネクタイです。

女性の喪服は黒のワンピースやセットアップ、スーツです。

また、バッグなどの持ち物は艶のない黒のものを選びましょう。

喪服は男女ともにジャケット、パンツ、スカートなどの衣服や持ち物の色が黒で統一されていることが特徴です。

この場合に適した平服とは略喪服とも呼ばれ、回数を重ねた法事などで着用をするものです。

一般的に三回忌以降は平服とされることが多いようです。

平服とは?

男性の平服はブラック・グレー・濃紺のダークスーツです。

女性の平服はブラック・グレー・濃紺のワンピースやセットアップ、スーツです。

また、バッグなどの持ち物は喪服と同じく艶のない黒のものを選びましょう。

喪服と平服の違いは、喪服では衣服や持ち物の色が黒のみであったのに対し平服ではダークカラーや紺色のものも認められている点です。

火葬場において分骨をするのときの服装

火葬の際に分骨をする際には、喪服で臨むことが一般的とされています。

地域や宗派のしきたりによっては告別式のすぐ後に火葬を行う場合もあります。

この場合は喪服を着用したまま参加することになります。

なお、焼香を行った際に喪服が灰で汚れている場合があるので、分骨を行うまでの間に汚れがないかを確認するようにしましょう。

納骨堂や永代供養墓に納骨されているご遺骨を分骨するときの服装

納骨堂や永代供養墓に納骨されているご遺骨を分骨をするときは、平服が好ましいとされます。

ただし、地域や家ごとの習慣によっては、一回忌までなどの一定期間は喪服を着るなどの決まりがある場合もあります。

不安な場合には事前にお寺や火葬場に問い合わせることや、一家の年長者や親族と打ち合わせを行いましょう。

埋葬されているご遺骨を分骨するときの服装

埋葬されているご遺骨を分骨する際には、平服で臨むことが一般的とされています。

この場合も、地域や家ごとに違いがある可能性もあるので、親族やお墓の管理者などに相談することで安心して分骨に望むことができるでしょう。

また、分骨後にお墓の場所を移す改葬や、霊園や寺院にご遺骨を管理・供養をお願いする永代供養をしてもらう場合も平服で構わないとされています。

分骨時の服装を選ぶときの注意点

ここまでそれぞれの状況において一般的な服装を解説しましたが、お寺の宗派や火葬場、地域や家ごとのしきたりによって異なる場合もあります。

場に適した服装ができているか不安に感じた場合は、お寺や親族と情報共有を行い臨機応変に対応するよう心がけましょう。

分骨を行う時期や場所によって適した服装を

火葬場において分骨をする際には喪服、納骨されているご遺骨を分骨する際には平服が一般的とされています。

分骨時の服装に厳格な決まりなどはなく、他の人を不快にさせないためのマナーとして守るべき部分が大きいです。

お寺や火葬場、地域や家ごとのしきたりや習慣によって、服装のマナーは異なる場合もあるため、親族やお墓の管理者にしっかりと相談するようにしましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事