ペットの葬儀に服装の決まりはある?持ち物やマナーも解説

大切な家族であるペットが亡くなった際、人と同じように供養をして送り出してあげたいと考える方が増えています。

ただし、ペットの葬儀は従来から行われていたことではないため、マナーやルールに疎く不安だと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではペットの葬儀を行う際に適した服装をはじめとして、葬儀のマナーや注意点も解説します。

ペットの葬儀を検討しているがわからないことが多く、うまくできるか心配という方はぜひ参考にしてみてください。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

ペットも葬儀で供養をすることができる

近年、供養に対する価値観は多様化しています。

中でも大切な家族であるペットを供養してお墓を建ててあげたいと考える方は多いです。

従来、ペットの葬儀や埋葬は一般的ではありませんでした。

そのため、ペットの葬儀や埋葬を行っても良いのだろうかと不安に感じる方もいますが、ペットの葬儀や埋葬に法的な問題や宗教的な問題はありません

ここでは、ペットの供養や葬儀の現状を解説します。

ペットの埋葬について詳しく知りたい方は▷ペットをお墓へ埋葬することはできる?埋葬の方法や種類を解説をご覧ください。

ペットの供養は一般的になりつつある

ペットの葬儀は一般的に行われるようになっています。

供養の形態の多様化は年々、加速しており、ペットの葬儀を専門とする葬儀社も登場しており、ペットも人と同じように葬儀を行うことができます

供養に対する考え方は三者三様です。

日本の供養では古くから仏教の考え方が取り入れられてきました。

しかし、近年では宗教観や地域のしきたりなどの決まりに縛られず、自分なりの方法で大切な家族を送り出すことのできる供養が増えてきました。

特に、ペットは大切な存在であるという思いが強いからこそ、望む方法を実現できるような供養をしたいと考える方は多いのではないでしょうか。

近年の供養では、大切な家族であるペットを希望に沿って送り出すことができる葬儀社のプランなどが豊富に用意されています。

ペットのお墓を建てることもできる

宗派や宗旨によって考えが異なる場合もありますが、お寺や霊園において「ペットの葬

儀・供養はよくない」とされることは少ないです。

日本の葬儀における考え方は仏教を元としていることが大半でした。

従来は仏教の考えに従うと、「毛の生えた動物を供養することはできない」とされることもありました。

しかし、近年では仏教の考え方よりも自分たちの願いや思いを伝えることを重視する方が増え、ペットの供養が可能な墓地や霊園も増えました。

ペットのお墓についてさらに詳しく知りたい方は▷ペットをお墓で供養することはできる?お墓の種類や流れを徹底解説をご覧ください。

ペットの葬儀を行う際に適した服装の種類

人の葬儀を行う際の服装は理解しているという方は多いのでは無いでしょうか。

しかし、ペットの葬儀はこれまで一般的ではなかったことから、葬儀に適した服装の選び方に困ってしまう方もいます。

そこで、ここではペットの葬儀に適した服装の種類を紹介します。

ペットの葬式ではあまりかしこまりすぎた服装を着用すると、周囲の方を驚かせてしまうこともあります。

そのため、一般的には喪服よりも日常使いに近い服を着用することが多いです。

ただし、ペットの葬儀には人の場合のようなしきたりや習慣はありません

葬儀の方法にこだわりが無い場合は、最も思いを伝えることのできる服装を意識して選ぶと良いでしょう。

普段着

普段着は、日常的にペットと共に過ごすことが最も多かった服装なのでは無いでしょうか。

葬儀に普段着で臨んでも良いのだろうかと不安に感じる方もいるかもしれません。

ただし、ペットの供養はしきたりや慣習といった決まりは無いため自由に決めることができます。

普段着で葬儀に臨む際は、比較的動きやすい服である方が良いでしょう。

お寺や霊園の中で移動を行うことが多いためです。

また、ペットの葬儀では多くの場合で火葬を行いますが、火葬の際に生じる灰などが衣服に付着することがあります。

そのため「どうしても汚したくない服を着ることは避ける」といった選び方をすることが好ましいです。

平服

葬儀における平服(へいふく)とは、軽装の喪服のことでブラックフォーマルやダークスーツを指します。

普段使いに近い喪服であることから「略喪服」とも呼ばれます。

女性の平服は、黒や紺のジャケットやワンピースなどが挙げられます。

一般的に喪服と聞くと畏まった印象を受けるかもしれません。

しかし、平服では黒や紺、グレーなど落ち着いた色味であれば、襟の形状や素材にあまりこだわりすぎる必要はありません。

男性の平服は、ダークスーツを着用することが多いです。

喪服や準喪服といったフォーマルな服装との違いは、色味を統一する必要が無い点です。

平服では、黒だけでなく今夜グレーのスーツを着用しても問題ありません。

そのため、特殊な形状のジャケットでなければ、ビジネスライクなスーツであっても平服として使えるものは多いです。

シャツは白いもの、ネクタイは黒のものを選択することが一般的です。

平服を着用する際の靴は男女共通で黒の革靴を選びましょう。

準喪服

準喪服とは告別式やお通夜で着用する喪服である、正喪服に準ずる服装を指します。

正喪服との違いは、周囲との違いが目立たない程度であればトレンドを取り入れても構わないとされる点です。

女性の準喪服は黒のワンピースやアンサンブルを着用することが一般的です。

スーツを着用する際は、インナーも黒で統一しましょう。

男性の準喪服はブラックスーツを着用します。

ただし、ブラックスーツとはビジネス用の黒いスーツではなく、礼服として販売されている黒いスーツを指します。

ネクタイは黒の無地や織り柄のものを選びましょう。

準喪服を着用する際の靴は光沢の無い革靴を着用しましょう。

ペットの葬儀を行う場所ごとに適した服装

ここでは、ペットの葬儀に適した服装を、葬儀を行う場所ごとに解説します。

ただし、ペットの葬儀には決まりはありません。

一般的な常識を意識することも大変重要なことですが、自分の思いを最も伝えられると感じるような服装を選ぶと良いでしょう。

ペット霊園

ペット霊園とは、ペットの埋葬を専門としたお墓の霊園のことです。

一般的には埋葬が専門の施設ですが、火葬や葬儀も行ってくれるペット霊園も存在します。

ペット霊園で葬儀を行う場合には、周囲のお参りをされる方の視線も考慮できると良いでしょう。

あまりかしこまりすぎていると高圧的な印象を与えてしまうこともあるかもしれませんが、くだけすぎていてもあまりそぐわない場合があります。

そのため、ペット霊園での葬儀の服装に迷った時は平服を選ぶと無難です。

また、普段着や準喪服を着用しても構いません。

場に適しているか不安な際は周囲の服装を伺いながら選んでみましょう。

個別火葬場

個別火葬場とは、主に民間の葬儀社によって運営される火葬場です。

火葬と共に葬儀を行うことができますが、個別に行うことができるため他の方と居合わせる機会が少なく、自分達なりの方法で葬儀ができることが特徴です。

個別火葬場で葬儀を行う際の服装は、周囲の目を気にせずに自分で選びやすいです。

動きやすく、かしこまりすぎていない普段着や平服で臨んでも良いでしょう。

もちろん、葬儀に関わるため準喪服で臨んでも全く問題ありません。

合同火葬場

合同火葬場とは他の方と一緒に火葬を行う火葬場のことです。

ペットの火葬は民間の葬儀社だけでなく、役所でも行うことができる場合があります。

他の方と一緒に火葬を行う際は、葬儀も同時に合同で行われる場合があります。

行動で葬儀を行う際は、周囲の方の視線は多少なりとも留意しておくと良いです。

迷った際は平服を選択することが無難でしょう。

ただし、あまりにカジュアルすぎなければ普段着でも構いませんし、葬儀であるため準喪服でも全く問題ありません。

セレモニーカー

セレモニーカーとは、火葬炉を搭載している車のことで「火葬車」とも呼ばれます。

多くの場合では、自宅まで出張して火葬を行っていただけます。

セレモニーカーは葬儀社の所有であることを示す塗装などを施していないことが多いです。

そのため、「自宅で葬儀、供養まで行いたい」「近所の目を気にせずに大切な家族を送り出したい」と考える方の希望を叶えることができます。

セレモニーカーで葬儀を行う場合は普段着を着用することが多いです。

自宅から離れずに送り出したいと考える方が多く、近隣の方にも葬儀を行っていることに影響されず日常を送ってほしいと感じる方も多いためです。

ただし、葬儀であることから喪服である、平服や準喪服を着用しても問題ありません。

ペットの葬儀を行う際の服装以外のマナー

ペットの葬儀はこれまで一般的に行われてこなかったため、マナーに疎く不安だと感じる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、服装以外のマナーや持ち物について解説します。

ペットの葬儀で不安になってしまった際はぜひ参考にしてください。

必要な持ち物

葬儀を行う際には数珠を持参すると良いでしょう。

一般的に、葬儀に限らず供養を行う際には常に数珠を持ち歩くことが好ましいとされます。

葬儀の際には生前の写真も忘れずに持参しましょう。

また、葬儀ののちに火葬を行うことが大半ですが、火葬の際には棺の中へ献花を行います。

献花に使う花は「生花」「色がご遺骨につきにくい」などの特徴からお花を選ぶことが好ましいです。

ペットの好きだった花や思い入れのある花を選ぶことも、素敵ですね。

ペットの葬儀の際に選ぶお花についてさらに詳しく知りたい方はペットの葬儀で贈るお花の選び方【必要な場面、おすすめのお花】をご覧下さい。

ペットの葬儀に適した御供物

人の葬儀の際には御供物を持参しますが、ペットの葬儀でも御供物を用意することが多いです。

御供物には「好きだったおもちゃ」や「思い出があるもの」「好きだった食べ物」などが選ばれやすいです。

一般的に、人の葬儀における御供物の選び方にはルールがあるとされますが、ペットの葬儀には決まりはありません。

そのため、決まりにとらわれず、思い思いのものや気持ちのこもったものを持参できると良いでしょう。

香典

葬儀の際に、お世話になるお寺へ香典をお渡しした経験がある方もいると思います。

お寺や宗派によって考え方が異なる場合もありますが、香典とは「お気持ち」とされます。

そのため、香典を強制されることや、払わなければ良い葬儀にならないといったことはありません。

ペットの葬儀の際にはお寺の方へ気持ちとして感謝を伝えたいときに、お渡しすると良いでしょう。

香典が必要か不安になった際には、「皆さま香典はお渡しされていきますか」といった口調でお寺の方へ伺うと、互いに抵抗なくコミュニケーションが取れるのではないでしょうか。

ペットの葬儀の服装に決まりは無い、大切な家族への思いを尊重しよう

ペットの葬儀は、宗教的な意味合いやしきたりよりも家族の方の気持ちを尊重して行われることが多いです。

そのため、葬儀の際の服装には決まりがありません。

もしも迷ってしまった際には、一般的な葬儀と共通した考え方を参考にすると良いでしょう。

大切な家族への思いは服装だけでなく、行動でも示すことができます。

後になって悔いが残ることの無いように、しっかりと準備した上で葬儀に臨むと良いのでは無いでしょうか。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事