ペットの葬儀で贈るお花の選び方【必要な場面、おすすめのお花】

ペットの葬儀は歴史が浅いため、しきたりや慣習を知らない方も多いのではないでしょうか。

そのため、「どんな場面でお花が必要なのか」「お花選びの注意点はあるのか」「おすすめの花が知りたい」など、様々な疑問や不安があると思います。

そこで、この記事では、お花が必要になる場面からお花の選び方・避けた方が良いお花の特徴・おすすめのお花までご紹介していきます。

ペットの葬儀でお花に関することに疑問や不安を抱いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

ペットも供養を行うことができる

近年、ペットの供養の方法には「手元供養」「自宅供養」「ペットの納骨堂」「ペット霊園のお墓」など様々あります。

ペットは家族の一員と考えるようになったため、故人と同じように供養を行うようになったという背景があります。

ペットの供養は急速に浸透している

近年、ペットの供養をする方は多くいらっしゃいます。

これは亡くなったペットに対して、「弔う気持ちを伝えたい」「寄り添う気持ちを伝えたい」という想いによるものです。

ペットのお墓を建ててお参りすることもできる

家族の一員であるペットを亡くしたとき、「ペットのお墓を建てることはできるのだろうか」と考える方は多いと思います。

ペットのお墓を建ててお参りをすることはできます。

そのため、そのように考えている方はお墓を建ててお参りすることを検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、ペットの供養は社会通念上の節度とマナーを守って行う必要があります

ペットのお墓を建てることを検討している方は▷ペットをお墓で供養することはできる?お墓の種類や流れを徹底解説を参考にしてみてください。

この記事ではペットのお墓を建てる方法や、ペットのお墓の種類・形態、お墓を建てるまでの流れについて詳しく解説しています。

ペットの葬儀でお花が必要になる場面

ペットの葬儀にはお花が必要となる場面があります。

ここではお花が必要となる主な場面を2つご紹介していきます。

これからご紹介する場面ではお花が必要となるため、あらかじめお花を用意しておきましょう。

火葬の際に棺へ入れるお花

ペットの火葬をする方は多くいますが、ペットの火葬は近年になって行われるようになりました。

そのため慣習やしきたりなどがなく、特定の決まりは存在しません。

故人の葬儀の方法に倣っても構いませんし、自分なりの表現で思いを伝えられるよう心がけましょう。

ペットの火葬の際には棺の中にお花を供えることが多いです。

お花を供えてあげることで、ペットに対する弔う気持ちや寄り添う気持ちを伝えられるようにしましょう。

ご遺骨を安置している間にお供えするお花

火葬後のペットのご遺骨を安置している際にもお花を供えることで、寄り添う気持ちを伝えることができるのではないでしょうか。

火葬の時だけでなく安置の時にもお花を供えてあげましょう。

一般的に、安置の際にはお花を供えることはあまりありません。

しかし、安置の際にお花を供えてあげることで、自宅で落ち着いてペットに思いを伝えることができると思います。

ペットの葬儀で用意するお花の選び方

ペットの葬儀では人の葬儀のルールを持ち込む必要はありません。

しかし、「決まりはない」と言われると選択肢が多すぎてかえって困ってしまいますよね。

そこで、ここではペットの葬儀で用意するお花の選び方をご紹介します。

ペットの葬儀の際にお花選びに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ペットが好きだったお花、思い入れのあるお花

ペットのお散歩をする際に「よく見かけたお花」や「ペットが興味を示していたお花」など思い入れのあるお花を供えてみるとよいでしょう。

飼い主がペットとお散歩をした際に印象が残る花はペットにとっても思い入れのあるお花であるかもしれません。

お散歩をする必要のないペットであれば、家に飾ってあったお花を供えてあげることでペットは喜んでくれるかもしれません。

安置後にお花をお供えする場合は、虫や菌などがなるべく遺骨に付着しないように注意する必要があります。

虫や菌が遺骨に付着してしまうと大切なご遺骨を傷つけてしまう可能性があります。

色移りの少ないお花

色移りの少ないお花をできるだけ選ぶようにしましょう。

薄い色と比べて、濃い色のお花は他のお花に色移りがしやすいため、他のお花も一緒に供える際には注意しましょう。

また、安置後にお供えをする際には、濃い色のお花は大切なペットのご遺骨にも色が移ってしまうかもしれません。

一度、お花の色がご遺骨に付着してしまうと色を落とすことは難しい場合があります。

火葬後のご遺骨は乾燥しており、脆く壊れやすいです。

そのため、色を落とすために「擦る」「ブラシなどで洗浄する」といったことは難しいです。

生花

生花はとても繊細ですが生命力があり、とてもいい香りがするため癒しを与えてくれます。

そのため、ペットに「弔う気持ち」や「寄り添うお気持ち」を伝えることができるかもしれません。

また、生花は種類がとても豊富であるため、季節に合ったお花や旬なお花を選ぶことができます。

造花はできるだけ選ばないようにすると良いでしょう。

造花の材質によっては棺の中に入れることができない場合があります。

火葬した際に燃え上がりやすい材質の場合、ご遺骨に付着してしまい傷をつけてしまう恐れがあるためです。

開花しているお花

開花しているお花を選ぶようにしましょう。

開花しているお花は花びらがしっかりと開いているため、葬儀で供える際にとても華やかに見えます。

また、開花していないお花と比べ、開花しているお花はとても良い香りがします。

そのため、香を通じて空間全体を温かい雰囲気にしてくれるのではないでしょうか。

サイズが合うお花

葬儀の時はペット・棺のサイズを考えながらお花の量を決めましょう。

サイズを考えずにお花を決めてしまうと、「棺の底が見えて寂しく感じる」「お花が多すぎて持ち帰らなければならない」「お花が大きすぎて棺に入らない」などと困ってしまうかもしれません。

お花の量が多すぎてしまう場合は持ち帰ることや火葬後の安置の時にも利用することができます。

そのため、棺のサイズが定かではない方は多めに花を準備すると良いでしょう。

ペットの葬儀で避けた方が好ましいお花の特徴

ペットの葬儀で避けたほうが好ましいお花の特徴をご紹介していきます。

お花の種類によっては怪我をしやすい、縁起がよくないといった特徴を持っていることがあります。

このようなお花の特徴を知らないまま供えてしまうと、トラブルに繋がってしまうこともあります。

葬儀でトラブルを起こす原因とならないように、以下の特徴を抑えておきましょう。

棘がある

棘があるお花はお供えをすると怪我をする場合があります。

特に、小さなお子様がいる方やご高齢の方がいる場合は、お供えをする際に誤って棘を触ってしまい怪我をしてしまうかもしれません。

そのため、棘のあるお花はできるだけ選ばないようにすると良いでしょう。

ただし、ペットが好きだったお花や思い入れのあるお花に棘がある場合は生花店などのお花を専門に取り扱っているお店で棘を取ってもらうことをおすすめします。

毒がある

毒があるお花は縁起が悪いため選ばないようにしましょう。

「毒」は死を連想させてしまうことがあり、葬儀や供養の場には適さないと考える方が多いです。

毒のあるお花は避けましょう。

毒のないお花の中には毒があるお花と似ているものがあります。

毒のあるお花を誤って選ばないよう注意しましょう。

また、毒の有無を見分けることが難しい場合も多いです。

選んだお花に毒があるか分からない場合や不安な場合は、花屋などお店の方に確認してみましょう。

散りやすい

散りやすいお花は選ばないようにしましょう。

散りやすいお花は、購入してからお供えするまでの移動の際やお供えをする際などに散ってしまうかもしれません。

散ってしまったお花を供えてしまうとペットも悲しい気持ちになってしまうかもしれません。

また、供えたお花が散ることに対して、あまり良い印象を抱かない方も多いです。

「散る」ということが「心変わり」と捉えられてしまうためです。

花粉が多い

花粉が多い花もできるだけ選ばないようにしましょう。

花粉は舞いやすく付着しやすいです。

衣服に付着した際や大切なご遺骨に着色してしまった際には汚れを落とすことが難しいです。

一般的に花屋では花粉の処理をしています。

花粉の処理がされていない場合はお供えをする前に処理をしておきましょう。

ペットの葬儀におすすめのお花

ここではペットの葬儀におすすめのお花をご紹介していきます。

「あまりお花に詳しくない」「お花選びの際に避けたほうがいい特徴が多すぎて迷う」という方は以下のおすすめのお花を検討してみてはいかがでしょうか。

これからご紹介するお花の花言葉には弔う気持ちや寄り添う気持ちが含まれています。

そのため、大切なペットに気持ちを伝えることができるかもしれません。

カーネーション

カーネーションの特徴の1つは白・ピンク・青・紫・黄色にそれぞれの花言葉があることです。

色によって気持ちや想いの伝え方が異なるので様々な色を検討してみてください。

ただし、黄色いカーネーションの花言葉は「軽蔑」といわれることもあるためできるだけ選ばないようにしましょう。

ひまわり

ひまわりは太陽の元で清々しく咲いていたり濃い黄色をしていたりするため明るい印象を与えてくれます。

また、ひまわりの花言葉には「あなただけを見つめる」「情熱」などペットに対する気持ちが多く含まれています。

カスミ草

カスミ草は白いお花です。

1つ1つの小さな花びらが集まって1つの花の形を形成しているためとても華やかに見えます。

しかし、お花を専門に取り扱っているお店ではカラフルな色に染めたカスミ草も多くあります。

カラーリングされたカスミ草は色移りしやすいためできるだけ避けると良いでしょう。

キキョウ

一般的にキキョウは青紫色や白色、濃いピンク色をしています。

キキョウの花びらは5cmほどあります。

キキョウは全国で手に入れることができ、とても人気があります。

キキョウと似た名前のトルコキキョウは全く別の花であるため、購入する際には買い間違いのないように注意しましょう。

ガーベラ

ガーベラは白・ピンク・黄の3色が代表的です。

ガーベラの花言葉は「常に前を向く」「希望」「感謝」「究極の愛」です。

そのため、ガーベラはペットへ感謝の気持ちや愛をを伝えるだけでなく、大切なペットを亡くしてしまってもこれから先も頑張っていきたいという自分への想いも伝えることができます。

スイートピー

スイートピーは赤・白・ピンク・黄・紫の5色が代表的です。

スイートピーは「優しい思い出」「ほのかな喜び」といった前向きな花言葉が多いです。

また、様々な色があるため他の花とのアレンジにも適しています。

スイートピーは茎がとても細いですが、花びらがとても大きいため迫力があります。

また、茎はとても柔らかいためお花をお供えする際に柔軟に対応することができます。

ペットの葬儀の際は、ペットに合ったお花選びをし、家族の一員であるペットに供えてあげよう

ペットの葬儀の際にはお花を供えることは可能です。

お花は火葬の際に棺へ入れる時やご遺骨を安置している時に供えられることが多いです。

お花を選ぶ際には「ペットが好きだった・思い入れのある」「色移りが少ない」「生花」「開花している」などを考えながら選ぶと良いでしょう。

ただし、「棘がある」「散りやすい」「毒がある」という特徴を持ったお花は怪我をしてしまう可能性や縁起が悪いことがあるため、選ぶのを控えることをおすすめします。

お花選びに困ってしまう人は「色移りが少ないお花」や「生花」などといった特徴のお花を選んでみてください。

これらの花は色移りがしにくく、人気で手に入りやすいといった特徴を持っています。

大切なペットに合うお花を選び、「弔う気持ち」や「寄り添う気持ち」を伝えることができるようにしましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事