ペットロスは克服できる|ペットロスの症状や克服方法をご紹介

ペットを亡くし、ペットロスに悩まれているという方や身近な人が悩んでいるという方もいるのではないでしょうか。

ペットロスに悩む方は乗り越えることができるか不安に感じる方が多いです。

この記事では、ペットロスが起こる主な原因や症状、ペットロスを克服する方法、克服にかかる期間、ペットの存在を身近に感じることができる手元供養品をご紹介していきます。

また、ペットロスになっている人に対して注意すべき言葉遣いもご紹介します。

「食欲があまり出ない」

「何気ない作業が疲れるようになった」

「なかなか寝付くことができない」

などのトラブルを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

ペットロスは克服できる

ペットロスは克服できるのか疑問を抱く方がいらっしゃいます。

ペットロスの克服にかかる期間は人によって異なりますが、ペットロスの期間を短くすることは可能です。

ペットロスを克服するためには克服する方法を把握することが重要です。

克服する方法を知らないままペットロスと向き合うと、かえってペットロスの症状が長引いてしまうことがあります。

ペットロスになることは珍しいことではない

ペットロスになった方の中には、「どうして私だけペットロスになったのだろう」と思う方がいらっしゃいます。

ペットロスになることは珍しいことではありません。

ペットも家族の一員であるため、ペットとの別れや死に対して辛い想いをするのは自然な反応です。

ペットロスは「正常な反応」であると認識しましょう。

ペットロスが起こる主な原因

ここではペットロスが起こる主な原因をご紹介します。

ペットロスになるのではないかと不安に感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

周囲の人に想いを共有できない

ペットロスが起こる原因は周囲の人に想いを共有する機会がない場合があります。

共有することができなかった方の中には、共有することで嫌がられるのではないかと考える方や内気な性格であるため共有することが苦手な方が多いです。

辛い想いを共有する機会がない人は、他人に共感してもらうことや解決策を見つけることが難しいです。

そのため、ペットロスが起こる場合があります。

心構えができていなかった

心構えができていなかった方はペットロスになる場合があります。

特に、ペットの事故や病気による突然死はいきなり別れを経験することになるため、ペットロスになりやすい傾向にあります。

また、飼っているペットがどのくらいの寿命なのか把握できていなかった場合はペットロスになることがあります。

事実を受け止められない

ペットと過ごしている時間が長かった方や一途に可愛がっていた方は、事実を受け止めることが難しい場合があります。

事実を受け止めることが難しい方の多くは「ペットはまだ生きている」「必ず帰ってくる」と考える方がいらっしゃいます。

「飼っていたペットが生き返ることはない」という事実を受け止めることが大切です。

ただし、「事実を受け止めよう」と無理に思い込む必要はありません。

時間が経つにつれて次第に受け入れることができる場合があるためです。

ペットロスの主な症状

ここではペットロスの主な症状についてご紹介します。

これからご紹介する症状は時間が経つにつれて、症状が軽くなる場合が多いです。

もしも、症状が長く続く場合や重くなる場合はカウンセラーや病院で診てもらうようにしましょう。

つらいと感じるペットロスを乗り越える方法を詳しく知りたい方は▷つらいペットロスを乗り越える方法と供養方法について解説をご覧ください。

この記事では、ペットロスを乗り越える方法やペットを身近に感じることができる供養方法、周囲の方ができるサポートについて解説しています。

ペットロスの症状が辛い方やペットロスになっている方が身近にいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

全身の倦怠感

ペットロスの主な症状の1つに倦怠感が挙げられます。

疲れを感じなかった作業でも疲れを感じやすくなることがあります。

また、なんとなくやる気が起きないこともあります。

倦怠感は栄養バランスの偏りが原因であることもあるため、規則正しい生活を心がけると良いでしょう。

食欲不振/過食

ペットの死後、食欲不振や過食の方はペットロスになっている可能性があります。

ペットが亡くなることで精神的に追い詰められる場合があります。

食べる気力が起こらず食欲不振になることや大切なペットが亡くなったことによるストレスの影響により過食になることもあります。

特に、食欲不振の状態で栄養が不足し、様々な体の不調に繋がりやすいです。

食欲不振による主な症状は体重の減少や貧血、吐き気などの症状が現れます。

不眠

まとまった睡眠をとることができない場合は体力の回復が十分にできていないことがあります。

日中に思うように体が動かなくなることや何もする気が起きない、イライラするなど肉体的にも精神的にも影響がでることがあります。

また、不眠による主な症状は免疫力の低下が挙げられます。

免疫力が低下すると、風邪を引きやすくなることや熱が出ることがあります。

ペットロスを克服する方法

ペットロスを克服する方法をご紹介します。

ペットロスをなかなか克服できず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

我慢せずに泣く

ペットロスを克服するためには、我慢せずに泣くことが重要です。

副交感神経が優位になっている際は、自然と涙腺が緩み涙が分泌されます。

涙が出ることは自然な反応であるため、我慢せずに泣きましょう。

涙を我慢するとは素直な感情に逆らうことになるため、ストレスを抱えた状態が続く場合があります。

同じ経験をした人に話す

ペットロスは自分一人で乗り越えることは難しい場合が多いです。

ペットロスになった方は同じ経験をした人に共有しましょう。

そうすることで、孤独ではないと感じることや気持ちが軽くなることがあります。

また、ペットロスを経験した人に共有することで、ペットロスを克服した方法やアドバイスなどを聞くことができるでしょう。

ただし、ペットロスを経験した人の中には過去のことを思い出したくない方もいます。

事前に話しても構わないか確認を取ると良いでしょう。

新たなペットを迎え入れる

ペットを亡くした方の中には新たなペットを迎え入れることに抵抗を感じる方がいます。

しかし、新たなペットを飼うことでペットロスを乗り越えるきっかけになる場合があります。

新たなペットを迎え入れた方の多くは「生きがいができた」「気持ちの寄り添いどころができて安心した」などといわれることがあります。

しかし、新たなペットを迎え入れたからといって必ずしも悲しみが癒える訳ではありません。

人間と同じく、飼っていたペットと同じ存在はいません。

新たなペットを迎え入れる際は、亡くなったペットの供養を行い気持ちの整理がついてから迎え入れるようにしましょう。

専門のカウンセリングを受ける

ペットロスを克服する方法の1つとして、カウンセリングを受けることが挙げられます。

カウンセリングには大きく分けて医療機関と民間の2つがあります。

医療機関では薬を処方することやペットロスを克服するための医療行為を行うことができます。

また、医療機関では保険が適用されるため民間のカウンセリングと比べ経済的な負担を軽減することもできます。

外出することが難しい方は民間のカウンセリングがおすすめです。

民間のカウンセリングによっては電話で受けることができる場合があります。

電話によるカウンセリングでは、ペットへの想いをヒアリングし、カウンセラーが一緒に寄り添いながら解決策の提案を行います。

部屋の模様替えを行う

ペットが好きだった所やペットと一緒に過ごした所を見た時に、ペットのことを思い出して辛い気持ちになることがあります。

部屋の模様替えを行うことは気持ちだけでなく、物を通して気持ちの整理を行うことができます。

部屋の模様替えは家族などの身近な人と一緒に行うと良いでしょう。

そうすることで、家具などの重い物や大きな物を運ぶことをスムーズに行うことができます。

ペットとの楽しい思い出や自分の感情を書き出す

ペットロスになっている方は頭の中に様々な感情や思いが存在しています。

複数の作業を同時に行っているような状態が続くため、気持ちを整理することや頭の中を整理することが難しく感じることがあります。

ペットとの楽しかった思い出や今の自分の感情を書き出すことで気持ちを落ち着かせることができる場合があります。

辛い想いをした方の中には、想いを身近な人に話すことで気持ちが楽になったという経験をしたこともあるのではないでしょうか。

紙に書き出すことも身近な人に話して気持ちが楽になることがあります。

運動する

なかなか寝付けない方やストレスを抱えている方は運動することがおすすめです。

運動をすることは身体的なメリットだけでなく、睡眠の質向上やストレスの軽減などの精神的なメリットもあります。

運動は散歩することやジョギングなどでも良いでしょう。

また、散歩などの新たな趣味を見つけることで新たに前を向くきっかけになるかもしれません。

特に目的を持っていなくてもとりあえず外に出てみるなど、何かしらのアクティビティを行なってみると良いのではないでしょうか。

ペットロスの克服にかかる期間

ペットロスは人によって個人差があります。

無理にペットロスから立ち直る必要はありません。

しかし、ペットロスを克服するまでずっと待つことは長引く可能性があります。

克服にかかる期間は人によって大きく異なる

ペットロスの克服にかかる期間は人によって大きく異なります。

ペットと一緒に過ごしていた時間が長かった方や溺愛していた方は亡くなったペットのことを受け入れることができていない場合があります。

そのような場合はペットロスが長引く傾向があります。

既にペットロスが長引いている方や私生活に影響が出ている方は、医療機関の受診をおすすめします。

ペットロスはいつまで続くのか知りたい方やペットロスを可能な限り早く克服したい方は、▷ペットロスはいつまで続く?短くする方法やアドバイスを紹介をぜひ参考にしてみてください。

この記事では、ペットロスの症状が長く続く人の特徴、取り組むと良い行動、ペットロスを短くする方法などを解説しています。

ペットの存在を身近に感じることができる手元供養

手元供養とは、故人のご遺骨の一部や形見を手元で供養することです。

手元供養品には主に「骨壺」「仏壇」「小さなお墓」があります。

ここではペットの存在を身近に感じることができる手元供養品についてご紹介します。

骨壺

骨壺はお墓や納骨堂に安置することが多いため、自宅で保管することができないと考える方もいらっしゃいます。

しかし、骨壺は自宅に安置することができます。

また、持ち運びをすることも可能なため、転勤が多い方や部屋の模様替えを頻繁に行う方におすすめです。

ただし、骨壺でご遺骨を保管する際はカビの発生に注意しましょう。

カビは高温多湿な環境を好むため、可能な限りご遺骨や骨壺を風通しの悪い高温多湿な場所に置かないようにしましょう。

避けることが難しい場合は、湿気を吸収できる木箱や骨壺のカバー、乾燥剤などを使用すると良いでしょう。

仏壇

故人の仏壇と違い、ペットの仏壇は宗教色を感じさせないものが多いです。

そのため、自分やペットの好みに合わせた仏壇を選ぶことができます。

ペットの仏壇は故人の仏壇よりも小さい物が多く、机の上や棚、リビングなどに置いても嵩張りにくいというメリットがあります。

ただし、仏壇を置く際は来客される方が抱く印象にも気を使うと良いでしょう。

来客する方の中には仏壇を見て「怖い」「気を悪くする」といった感情をもつ方がいらっしゃるかもしれないためです。

置く場所に困った方は、「扉を閉めることができる仏壇を選ぶ」「布などのカバーをかける」といった工夫を行うことがおすすめです。

自宅墓

自宅墓とは、従来のお墓を小さくして室内に置けるようにしたものです。

自宅墓には石でできた物だけでなく、ガラスでできた物もあります。

ガラス製のお墓はデザインが優れたものが多いため、インテリアにも馴染みやすく暮らしの中で故人の存在を感じやすい手元供養品です。

自宅墓は拝む習慣を尊重したい方や経済的な負担を軽くしたい方、管理や維持が難しい方におすすめな供養です。

ペットロスに悩む人への接し方

ペットロスに悩んでいる方への接し方をご紹介します。

特に、ペットを飼ったことがない方やペットロスになったことがない方は接し方に注意する必要があります。

ペットロスになっている方の感情を適切な距離感を保って理解することを難しく感じることがあります。

「相手の為を思って接したのに、トラブルになった」とならないように、ぜひ参考にしてみてください。

いつも通りのことができなくても責めない

ペットロスは複雑な心理状態になります。

そのため、家事などのいつも通り行なっていたことができなくなる場合があります。

そのような場合は責めるのではなく、周りの方が代わってあげましょう。

ペットロスになっている方を責めると、「どうしていつも通りのことができないんだろう」と自分のことを責めてしまう場合があります。

ペットロスは傷が癒えるまでに時間がかかるため、長期に渡って手伝ってあげましょう。

ペットの死後の手続きや片付けを手伝う

ペットロスになっている方の中には複雑な心理状態になります。

死後の手続きを行うことや片づけを行うことが困難な方がいらっしゃいます。

そのような方が身近にいる場合、声をかけて手伝ってあげると良いでしょう。

手伝う際はペットロスになっている方の意見を尊重しましょう。

ペットロスになっている方は複雑な心理状態であるため、考え込む場合があります。

そのため、決断を急がせることや自分の考えを伝えることは可能な限り避けるようにしましょう。

辛い気持ちに寄り添ってあげる

ペットロスになっている方は克服するまでに時間がかかります。

また、ペットロスは精神的に辛い状態になります。

そのため、ペットロスになっている方に接する際は辛い気持ちに寄り添ってあげることが大切です。

ペットロスに悩んでいる人に接する際に特に気を付けたほうが良い表現

ここではペットロスに悩んでいる人に接する際に特に気を付けた方が良い表現をご紹介します。

身近にペットロスになっている人がいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

「そんなに落ち込むことないよ」

ペットロスは短期間で克服できる症状ではないため、克服するまでに時間がかかります。

一般的に、ペットロスになっている方は「悲しみを受け入れる」「怒り」「ペットが亡くなったことを受け入れる」というステップでペットロスを克服していきます。

ペットロスになっている方が落ち込む状態は自然な反応です。

そのため、「そんなに落ち込むことないよ」と声をかけることは控えるようにしましょう。

「新たなペットを飼おう」

全く同じ性格や特徴を持ったペットはいません。

そのため、新たなペットを飼っても飼っていたペットの代わりになる存在にはなりません。

ペットロスになった方の中には新たなペットを迎え入れたことで克服した方もいます。

このような方は心の整理ができている場合が多いです。

心の整理ができない状態で新たなペットを飼ってしまうと逆効果になることがあります。

「新たなペットを飼おう」と解決策を提案するのではなく、相手の辛い気持ちに寄り添ってあげる姿勢が大切です。

「どうして亡くなったの?」

前述したように、ペットロスになっている方は複雑な心理状態です。

そのような心理状態の中、大切なペットが亡くなったことを思い返すことはストレスがかかります。

また、ペットのことを再び思い出すことで悲しい気持ちになる場合があります。

そのため、「どうして亡くなったの?」と聞くことは避けるようにしましょう。

ペットロスは個人差が大きいが克服することはできる

ペットロスになることは正常な反応です。

ペットロスを克服するまでにかかる期間は個人差が大きいです。

ペットロスが起こる主な原因は「周囲に思いを共有できない」「ペットが亡くなる心構えができていない」「事実を受け止めることができない」などが挙げられます。

ペットロスになった方は、「ペットが亡くなったことを受け入れる」「身近な人に思いを話す」「ペットロスを克服するまでには時間がかかる」ということを抑えておきましょう。

ペットロスの主な症状には「全身の倦怠感」「過食・食欲不振」「不眠」などが挙げられます。

これらの症状は時間が経つにつれて改善できる場合があります。

しかし、長引く場合や可能な限り早く克服したい方は医療機関などで診てもらうと良いでしょう。

ペットの存在を身近に感じることができる手元供養品には「骨壺」「仏壇」「小さなお墓」が挙げられます。

ここで挙げた全ての手元供養品は小さなサイズの物であるため、スペースや場所をあまり必要としません。

そのため、自分の好きな場所で供養を行うことができます。

ペットロスは克服するまでに長期間に及ぶことがありますが、時間が経つにつれて症状が軽くなる場合があります。

そのため、焦らずにペットロスに向き合いましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事