ペットロスはいつまで続く?短くする方法やアドバイスを紹介

ペットロスになった際、「ペットロスはいつまで続くのだろうか」とお考えになる方は、少なからずいらっしゃると思います。

ペットロスは個人差があるため、具体的な期間を説明することは難しいです。

しかし、ペットロスの期間を可能な限り短くする方法やペットロスを解消するために取り組むと良いことはあります。

この記事ではペットロスの期間が長い人の特徴、ペットロスを解消するために取り組むと良いこと、ペットロスの期間を短くする方法をご紹介します。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

ペットロスの期間は人によって異なる

ペットロスの期間は人によって個人差が大きいです。

しかし、ペットロスを克服することやペットロスの期間を短くすることはできます。

ペットロスの期間を可能な限り短くしたいと考える方は参考にしてみてください。

ペットロスの期間が長い人の特徴

ここではペットロスの期間が長い人の特徴をご紹介します。

ペットとの別れが怖い人

ペットロスの期間が長い人はペットとの別れが怖いといった特徴を持っている方がいます。

ペットは飼い主に癒しや心の寄り添う場所を与えてくれる存在です。

そのため、飼い主はペットが亡くなると癒しや心の寄り添い所が無くなります。

「これから先ペット無しでどうやって生きていけば良いのか」「ペットがいない生活は考えられない」などと考えるため、ペットとの別れが怖いと思う人は長引くことがあります。

心の準備ができていなかった人

ペットの死後のことを考えておらず、心の準備ができていない人はペットロスの期間が長くなる傾向があります。

ペットを飼っている方の多くは、ペットのことを癒しを与えてくれる存在や自分の思いを寄せるなど、自分の心と密接に関わる存在と考えます。

大切なペットが亡くなる前に、遺品整理や供養の方法を決めておくなど、心の準備をしておくと良いでしょう。

感情を表すことが得意ではない人

ペットが亡くなった際に、感情を表すことが重要です。

感情を表に出すことで気持ちが落ち着くことがあります。

日ごろから、感情を表に出すことがあまりない方は感情を表に出すことが「恥ずかしい」「情けない」と思う方がいらっしゃいます。

しかし、自分の感情に嘘をつくことが元となりペットロスが長引くことがあるかもしれません。

自分のことを責めてしまう人

自分のことを責めてしまう人もペットロスが長引く傾向があります。

周りの人から「あなたのせいではない」と言われても、受け止めることができない場合があります。

責任の所在を探すことで「悲しい」「辛い」という感情から逃避してしまう方も多くいらっしゃいます。

しかし、こうした行為は本質的な解決には繋がりません。

大切な存在との別れに向き合うことは辛いことですが、目を背けないことも重要です。

ペットロスを解消するために取り組むと良いこと

ここではペットロスを解消するために取り組むと良いことをご紹介します。

ペットが亡くなったことを素直に受け入れる

大切なペットが亡くなると、ペットの死を素直に受け止めることを難しく感じる方もいると思います。

しかし、ペットの葬儀や供養を行っていくことで徐々に受け止めることができる場合があります。

どうしても受け止めることができない方はペットと一緒に過ごした楽しい思い出をふり返ってみましょう。

ペットとの思い出は悲しみよりも楽しかった思い出の方が多いのではないでしょうか。

ペットの死は時間が経つに連れて受け入れられるようになることが多いです。

ペットとの楽しかった思い出をふり返ることや葬儀を行い気持ちに区切りをつけましょう。

日常生活に新たなことを取り入れる

ペットと過ごしていた時間の代わりに趣味や好きなことを取り入れてみましょう。

過ごしていた時間を空白にすると喪失感を抱く場合があります。

日常生活に新たなことを取り入れる際はスポーツがおすすめです。

体を動かすことで、他の人と交流する機会が増えることで1人でいる時間を減らすことができます。

また、体を動かすことでストレスを感じにくくなることもあります。

日ごろから体を動かす機会がない方がスポーツをすることによって、眠りにつきやすくなるでしょう。

ペットロスをどのようにして解消すれば良いのか考える

ペットロスをどのようにして解消すれば良いのか考えてみましょう。

ペットロスに向き合うと「喪失感」「悲しみ」「怒り」などの感情が表れるため、辛く感じることも多いと思います。

しかし、ペットロスをどのようにして解消すれば良いのか考えることで、自分なりの解決策を見つけ出すことができる場合があります。

ペットロスの期間を可能な限り短くする方法

ペットロスの期間を可能な限り短くすることはできます。

ここではペットロスの期間を短くする方法をご紹介します。

ペットロスをできるだけ早く解消したいと思っている方は、参考にしてみてください。

我慢せずに泣く

我慢せずに泣くことでペットロスの期間を短くすることができる場合があります。

泣きたいと思っている時は気持ちに逆らうことなく、我慢せずに泣くようにしましょう。

泣くことを我慢すると、気持ちの高揚をなかなか落ち着かせることができずストレスがかかった状態が続く場合があります。

辛い想いを身近な人と共有する

ペットロスが長引く多くの方に共通する点は辛い想いを家族や友人などの身近な人と共有できないことです。

ペットロスを共有する際は自分が辛い思いをしていることやペットとの思い出が蘇る場合があるため、共有することが難しいと感じる方もいるのではないでしょうか。

しかし、気持ちを共有することで楽になることがあります。

ペットロスに限らず、悲しい時や不安なことがあった時に誰かに話すだけでも気持ちが落ち着く経験をしたことがある方はいるのではないでしょうか。

ペットロスも誰かと共有することで、気持ちが楽になることがあるため身近な人と共有するようにしてみましょう。

新たなペットを飼う

新たなペットを飼うことでペットロスの期間を短くできる場合や乗り越えることができる場合があります。

新たなペットを飼う際は亡くなったペットの供養がきちんとできてからにしましょう。

気持ちの整理ができていない状態で新たなペットを迎え入れてしまうと、罪悪感に苛まれることがあるためです。

新たなペットを飼う際は、また別れがやってくることを忘れないようにしましょう。

生前のうちに遺品整理や供養の方法などを決めておき、心の準備をしておくと良いでしょう。

そうすることで、ペットロスの症状を軽くすることやペットとの別れを受け止めることができる場合があります。

カウンセリングを受ける

ペットロスの症状が改善されない方は専門の医療機関を受診しましょう。

医療機関を受診することで治療期間を短くすることができる場合があります。

医療機関では治療薬の処方や治療を受けることができます。

また、保険が適用されるため、経済的な負担を軽くすることができます。

民間のカウンセリングではヒアリングを元に、カウンセラーが寄り添いながら解決策を提案します。

カウンセリングは電話で対応を行っているところもあるため、外に出ることが難しい方におすすめです。

ペットロスの克服にかかる期間は再び前を向くために必要な時間

ペットロスになるということは、それだけペットに対して愛情を注いだ証ではないでしょうか。

克服にかかる時間は再び前を向くために必要な時間です。

悔やむことや落ち込む必要はありません。

ペットロスの症状が長く続いても焦ることなく自分のペースで改善していきましょう。

ペットロスがいつまで続くかは個人差がある

ペットロスを克服する期間は個人差があります。

ペットロスが長引く人は「心の準備ができていない人」「自分のことを責めてしまう人」「感情を表に出すことが苦手な人」などが挙げられます。

ペットロスを解消するために取り組むと良いことは、「ペットの死を素直に受け止める」「スポーツなどの趣味を日常生活に取り入れる」「自分自身がペットロスに向き合い、どうやって解消するか考える」ことです。

ここに挙げた全てを同時に行うことは心身共に負担がかかるため、できそうなことから始めると良いでしょう。

ペットロスを可能な限り早く克服する方法は「我慢せずに泣く」「辛い思いを身近な人と共有する」「新たなペットを飼う」「ペットロスカウンセリングを受ける」ことが挙げられます。

ペットロスの期間は個人差がありますが、焦ることなく解消していきましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事