つらいペットロスを乗り越える方法と供養方法について解説

ペットを亡くす経験は非常につらく、乗り越えるのが難しいと感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

大切な家族の一員であり、たくさん愛情を注いできたからこそ、やり残したことなど後悔してしまうこともあると思います。

ペットロスをつらいと感じるのは自然なことです。

しかし、長い間そこから抜け出せずに何も手につかないという方も多くいらっしゃると思います。

ここではペットロスを乗り越える方法やペットを身近に感じることのできる供養方法、また周囲の方ができるサポートについて解説していきます。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

ペットロスとは

ペットロスとは、ペットを亡くしたことによる精神的または身体的な不調のことです。

代表的な症状として、

  • とにかくつらく、落ち込んでしまう
  • 何も手につかない
  • 突然涙が出てくる
  • 誰にも会いたくない

などが挙げられます。

ただし、これらの症状が当てはまるからといって悩む必要はありません

ペットを失う悲しみは言葉で言い表せないほどつらいものです。

喪失感や後悔で苦しくなることもあるかと思いますが、それは自然に起こり得ることです。

ペットロスをつらいと感じる理由

ペットを亡くされる経験は、非常につらいものであると思います。

亡くしてから時間が経ってもペットロスに苦しむ方は多くいらっしゃいます。

つらいと感じる理由もひとつではないのではないでしょうか。

考えられる理由について、主な理由を4つ解説していきます。

ペットは大切な家族の一員

ペットは大切な家族の一員だからこそ、失ったときは非常に悲しく、この悲しみを乗り越えるのは難しいと感じる方も多くいらっしゃると思います。

中には子どものようにペットに愛情を注いでいた方や、一人暮らしでペットとずっと長く一緒に過ごしてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家族の一員としてペットに接してきたからこそ、ペットロスをつらく感じるでしょう。

つらいと感じるということは、ペットに深い愛情を注いで大切にしてきた証拠なのではないでしょうか。

暮らしや風景がいきなり変化する

毎日当たり前のように隣にいたペットが急にいなくなると、心にぽっかりと穴が開いてしまったように感じ、何も手につかなくなってしまう方も多いと思います。

ペットと接していた時間がなくなり、ふとペットのことを思い出してしまうことも少なくありません。

日常の風景がいきなり変化することは誰もが動揺してしまうと思います。

今まで当たり前だった存在が急に姿を消してしまい、やるせない気持ちでいっぱいになってしまう方はたくさんいらっしゃいます。

やり残したことを後悔してしまう

ペットが亡くなって、「あの時にこうしてあげられれば良かった」「もっとかわいがってあげることができたのではないか」と後悔してしまうことがあると思います。

このようなことを考えてしまうあまり、ペットロスがさらにつらくなり、長引いてしまっている場合もあります。

会話のできない相手だからこそ、今までの接し方を思い出して悔やんでしまうことが多いのではないでしょうか。

最期に立ち会うことができなかった

ペットを亡くした方の中には、最期に立ち会うことができなかった方や突然予期せぬお別れをした方もいらっしゃるかもしれません。

このような経験をされた方は悲しみも強く、精神的な負担も大きくなります。

思いもよらない状況での突然の別れは、ペットロスをつらいと感じる原因になっていると考えられます。

ペットロスを無理に乗り越えようとする必要はない

ペットのことを大切にされてきた方は必ずと言っていいほどペットロスに苦しむと言われています。

「早く乗り越えなければ」と焦ってしまうこともあるかもしれませんが、無理に乗り越えようとする必要はありません

供養は焦って行わなくて良い

ペットの供養は焦って行う必要はありません

もしペットの火葬を考える場合、人であれば火葬ができる日数などに法律的な決まりがありますが、ペットには存在しません。

また、宗教の観点から見ても、火葬までの日数をご自身で決めることに問題はありません。

安置方法についてしっかり理解しておけば、気持ちの整理が付くまで時間をかけてもよいでしょう。

火葬後の供養方法も、手元供養やお墓を立てるなど様々な方法がありますので焦らずご自身で最も良いものを選びましょう。

大切な存在を亡くしたことつらいと感じるのは自然なこと

ペットを本当に大切にしてきたからこそ、亡くしてつらいと感じることや悲しみを乗り越えることが難しいと感じることは自然な心境であると言えます。

「ペットロスがつらい」という感情をネガティブに捉える必要はありません。

自分が今こんなにつらく感じているのは、ペットとの時間を大切に過ごしてきた証拠だと考えるようにしましょう。

このように考えることで幾分か気持ちも楽になるはずです。

体に不調を感じた際は無理をせず専門家に相談してみる

ペットを亡くしてからご自身の身体に不調を感じることがあれば、無理をせずに専門家に相談してみましょう。

メンタルヘルスを専門とする医療機関や心理カウンセラーに今のご自身の体調やつらいこと、不安なことを打ち明けると改善することが多いです。

専門家に話を聞いてもらうことで少し楽になれるかもしれません。

また、専門家からのアドバイスで前向きな気持ちになれる可能性もあります。

ペットロスを乗り越える方法

ペットロスを乗り越えるための方法をいくつかご紹介します。

少しでもご自身の気持ちが楽になれば幸いです。

周囲に相談してみる

周囲の人に今の気持ちを打ち明け、ペットロスを乗り越えられないことを相談してみるのも1つの方法でしょう。

以前に同じようにペットを亡くし、つらい経験をしてきた人がいるかもしれません。

その中には、ペットロスを乗り越えたという人もいるでしょう。

周囲の人であれば、今まで大切にしてきたペットを亡くした悲しみを理解してもらえると思います。

ご自身で抱え込むのがつらいときは、周囲に相談することでその悲しみも軽減するかもしれません。

気持ちを紙に書き出して整理する

気持ちの整理がつかず、「もうどうしたらいいかわからない」と悩んでしまう方も多いと思います。

そんな時は、一度自分の気持ちをすべて紙に書き出してみましょう

上手く文章にできなくても構いません。

ご自身の素直な感情をそのまま書き出すことで客観視し、気持ちを整理することができます。

ペットの存在を感じ続けられる供養を選ぶ

亡くなった後もすぐ近くにペットの存在を感じていたいという方は多くいらっしゃると思います。

ペットをずっと身近に感じられるような供養方法を選ぶと良いでしょう。

最善の供養方法を選ぶことで、ペットロスも解決に近づくかもしれません。

ペットを最も身近に感じられる供養方法の1つとして、手元供養が挙げられます。

手元供養とは、火葬した後のご遺骨をお墓などに埋葬するのではなく、自宅に保管して供養する方法です。

ペット用の祭壇を使用する方法や、ネックレスや指輪などのアクセサリーにして供養する方法もあります。

ペットの存在を身近に感じることができる手元供養

手元供養はペットの存在を身近に感じることができる供養方法の1つです。

自宅でおこなう供養方法であるため、いつでも手を合わせることができます。

今までと同じようにそばにいることができれば、気持ちも落ち着くのではないでしょうか。

手元供養されたご遺骨は手元供養品へ封入されます。

手元供養品の中には、温かみがあり、亡くなったペットの存在を身近に感じることができるものも存在します。

生活の中に馴染みやすく、ベッドサイドやリビングなどの居住空間においても違和感のない美しいインテリアにもなります。

墓地へ埋葬する際に必要なお墓の維持費も入らないため、安価であることも特徴の一つです。

ペットロスに対する心構え

ペットロスに対する心構えとして、飼う前に理解しなければならないことがあります。

それは、ペットにも人と同様に寿命があるということです。

必ずお別れする日が来るということを理解しておかなければなりません。

このことを理解するだけで、今一緒に過ごしている時間をもっと大切にしようと考えるのではないでしょうか。

亡くなった後に「あのときこうしておけばよかった」という後悔が少なくなるでしょう。

ペットロスを完全になくすことは難しいかもしれませんが、後悔が少ないことでつらいペットロスから早く抜け出すことができるはずです。

ペットロスをつらいと感じている方に周りができること

身近にペットロスでつらいと感じている方がいたら、何かしてあげたいと考える方も多いのではないでしょうか。

周りの人ができることについて、いくつかご紹介します。

相談に乗れることを伝える

相談に乗れることを自分から伝えることで、ペットを亡くされた方が誰にも相談出来ずにご自身だけで抱え込んでしまうことを防ぐことができます。

このような声掛けは本人にとって非常に嬉しいものです。

相談してくれた際には、必ず親身になって対応しましょう。

また相手をさらに傷つけることのないよう、言葉選びにも気をつけましょう。

かけられて嬉しい言葉・言ってはいけない言葉

ペットロスでつらいと感じている方に、どのような声掛けをしたら良いのか悩んでしまう方も多いと思います。

ここでは、かけられて嬉しい言葉と言ってはいけない言葉についていくつかご紹介します。

かけられて嬉しい言葉

「大丈夫」「泣いてもいいよ」という相手の気持ちを受け入れる言葉はペットロスでつらい方に安心感を与えるでしょう。

また、「あなたの家族になって幸せだったね」のように前向きで明るい言葉をかけてあげると良いでしょう。

言ってはいけない言葉

「たかが犬や猫」「可哀想」「また違うペットを飼えばいいよ」といった言葉は相手をさらに悲しませてしまう可能性があるため言わない方が良いです。

愛情を注いでずっと一緒に過ごしてきたペットは唯一無二の存在であり、大切な家族です。

もし自分が同じ状況だったらどのように感じるか、考えてから声掛けをしましょう。

ペットを飼ったことの無い方でも、人に置き換えて考えてみたら分かっていただけると思います。

過度に気にしすぎない

ペットロスに苦しむ相手の気持ちを考えると居ても立っても居られなくなってしまい、過度に心配してしまうこともあると思います。

ただし、過度に気にすることでかえって本人が負担に感じてしまうこともあります。

本人が気持ちを切り替えられたとしても、心配されることでつらかった時のことを思い出してしまい、余計につらくなってしまうことも考えられます。

難しいとは思いますが、本人の様子を伺いながら気にしすぎないように心掛けましょう

相談に乗れることを伝えて、相談された際には親身になって対応すると良いでしょう。

ペットロスでつらいのは自然なこと。無理をせず自分の気持ちと向き合おう

ペットロスでつらいと感じる方はたくさんいらっしゃいます。

ペットロスは決して悪いものではなく、ペットに対してたくさんの愛情を注いで大切にしてきた証であり、つらく感じるのも自然なことです。

あまりにもつらく感じるときは、ペットロスを乗り越える方法をご参考に、ご自身の気持ちと向き合ってみてください。

専門家や周囲の人に相談してみるのも良いでしょう。

ただし無理に乗り越えようとする必要はありませんし、時間がかかってしまっても問題ありません。

また、悲しみを供養方法で解決することもできるかもしれません。

一番身近に感じられる供養など、ご自身の最も良い方法をご検討ください。

ペットをこれから飼うことをお考えの方は、いつしかお別れがやってくることを十分に理解した上で飼う必要があります。

ペットロスに対する心構えとして覚えておきましょう。

また身近にペットロスに苦しむ方がいらっしゃる場合は、ご本人に寄り添い、適切なサポートを心掛けましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事