自宅での遺骨の保管はよくない?よくないと言われる原因と対策

近年、供養の形が多様化しており、自宅でご遺骨を保管するという選択をされる方が増えています。

しかし、これまで自宅でのご遺骨の安置はあまり一般的ではなかったため

「本当に自宅においても違法にならないの?」

「縁起が悪いと言われることはないの?」

と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

この記事ではご遺骨を自宅に置く事がよくないと言われてしまう原因と対策を解説します。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

遺骨を自宅に置くことはよくないこと?

ご遺骨を自宅に置くことはよくないことではありません

「自宅にご遺骨を置くことは違法だ」とする法律はないため、ご遺骨を自宅において摘発されるようなことはありません。

また、宗教上の理由で「自宅にご遺骨を置くことは縁起が悪い」とされるとはありません。

むしろ、宗教によっては供養の過程で一定期間ご遺骨を自宅に安置する場合があります。

遺骨を自宅に置くことがよくないと言われてしまう理由4選

ご遺骨を自宅に置くことに問題はありませんが、誤った知識や思い込みからいけないことだと言われてしまうこともあるようです。

ここでは、ご遺骨を自宅に置くと悪いと言われてしまう理由を4つご紹介します。

①違法だと誤解される

ご遺骨を自宅に置くことは違法だという誤解されている方もいますが、現在の日本においてご遺骨を自宅で安置することを禁止する法律は存在しません

「墓地、埋葬に関する法律」という法律ではご遺骨を墓地ではない場所に埋葬することは違法としていますが、ご遺骨を自宅で安置する際は埋葬をしていないため違法性はありません。

ただし、ご遺骨を安置するだけでなく自宅の庭や墓地ではない敷地に埋葬してしまうと「墓地、埋葬に関する法律」に違反してしまうため、注意が必要です。

また、墓地であっても許可なく埋葬してしまうと同様に「墓地、埋葬に関する法律」に触れてしまうため、絶対にしてはいけません

②縁起が悪いと思われる

亡くなった方のご遺骨は火葬後にすぐ埋葬されなければならないという思い込みから、ご遺骨を埋葬せずに保管することは縁起が悪いのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、仏教や神道の供養では「忌明け」という法要のタイミングまでは自宅でご遺骨を安置する事が一般的であり、縁起の悪い行為ではありません。

また、ご遺骨を埋葬せず自宅で管理をする「手元供養」という供養の仕方がありますが、宗教的に「手元供養は縁起が悪い」とされることはありません。

手元供養についてさらに詳しく知りたい方は▷手元供養とは?種類や費用、メリット・デメリットまで徹底解説をご覧ください。

③ご遺骨を見ることに抵抗がある

ご遺骨を見ること自体に抵抗がある方の場合は、自宅にご遺骨を置きたがらないかもしれません。

ご遺骨は多くの方にとって見慣れているものではないため、特に小さなお子様を中心に「こわい」「気分が落ち着かなくなる」などと感じる場合があります。

ご遺骨に抵抗を感じる方がいる場合は無理に供養へ参加をさせる必要はありません。

自分なりの形で故人を送り出す事ができるように意識しましょう。

④適切な処理をしないと遺骨にカビが生えやすくなる

ご遺骨を適切に処理しないまま保管するとカビが生えてしまうことから反対をされる方もいます。

ご遺骨は適切な管理方法で保管しないとカビが生えてしまったり傷んでしまう事があります。

ご遺骨にカビや傷みが生じてしまうと、その後の供養の際に切除をしなくてはならなくなる場合があります。

ご遺骨にカビを生やさないためには「粉骨して密閉する」「ご遺骨に素手で触れないように注意する」「多湿な環境で保管しない」などの対策が効果的です。

【パターン別】遺骨を自宅に置くことはよくないことだと言われた時の対処法4選

ここではご遺骨を自宅に置く時に「よくない」と言われてしまった時の対処法を紹介します。

周囲から反対されてしまってご遺骨を自宅に安置する事ができないという方は参考にしてください。

①「遺骨を自宅に置くのは違法だ」と言われてしまった場合

ご遺骨を自宅に置くことは法律で禁止されておらず、違法性はありません。

違法であるという誤解から反対をされてしまった場合は、違法ではないということをわかりやすく伝えると良いでしょう。

例えば、

「ご遺骨を自宅で安置することを禁止している法律はありません。そのため、自宅にご遺骨を置いても罰せられたり摘発されるようなことはありません。」

のようにおっしゃってみてはいかがでしょうか。

②「遺骨を自宅に置くと成仏できない」「縁起が悪い」と言われてしまった場合

ご遺骨を自宅で安置することは供養の過程でも行われることであり、縁起の悪い事ではありません。

縁起が悪いという誤解から反対をされてしまった場合には、宗教上の教えからも悪い行為ではないという事を意識して伝えてみましょう。

例えば、

「ご遺骨を自宅で安置することは供養の一環として行われる、正しい行いです。」

のようにおっしゃってみてはいかがでしょうか。

③「遺骨を見れない」と言われた場合

ご遺骨を見ることに抵抗があると言われてしまった場合には、無理に供養へ参加させる必要はありません。

もしも、ご遺骨を納めている骨壷の無機質さに抵抗を感じているとしたら手元供養品への封入を検討されてはいかがでしょうか。

手元供養品とは、ご遺骨を封入して供養するための置物や装飾品のことです。

手元供養品は温かみのあるデザインのものが多いため、小さなお子様でも抵抗を感じにくい場合が多いです。

④「カビが生える」と言われた場合

ご遺骨を骨壷に納めたまま保管してしまうとカビが生えやすくなってしまいます。

ご遺骨にカビを生やさないためには「湿度を減らす」「空気に触れないようにする」「雑菌を与えないようにする」の3つを意識する事が重要です。

特に、ご遺骨を酸素のない清潔な状態で保管をする事が効果的です。

ご遺骨を粉骨しない状態で密閉することも可能ですが、ご遺骨には凹凸があるためどうしても空間が生じてしまう事があります。

確実にご遺骨にカビを生やさないためには粉骨を行ったのちの保管がおすすめです。

骨壷にご遺骨を納めたまま保管してもカビを生えにくくするための工夫についてさらに詳しく知りたい方は▷骨壷にカビが生えてしまった|カビさせない手元供養の注意点

自宅に遺骨を置くなら「小さなお墓KOBO」

自宅にご遺骨を置いたまま供養もしたいと考える方もいるのではないでしょうか。

従来のような埋葬ではなく、故人と一緒に過ごすことのできる供養がしたいと考える方には「手元供養」がおすすめです。

手元供養の中でも「小さなお墓KOBO」は人気が特に高まっている手元供養品の一つです。

ここでは「小さなお墓KOBO」の魅力を3つご紹介します。

魅力①置く場所を選ばない温かみに溢れるデザイン

「小さなお墓KOBO」は有名デザイナーの作成による温かみの溢れるデザインが特徴的です。

一般的な仏具や供養品には「なんとなく怖い」「無機質」といった印象を抱かれる方もいると思いますが、「小さなお墓KOBO」は温かみの溢れるデザインによりベッドサイドやリビングに置いても威圧感を感じる事がありません。

置く場所を選ぶ必要がないため、故人の存在を感じながら暮らしを送ることや暮らしを見守ってもらう事ができるようになります。

魅力②カビの生えにくい処理

ご遺骨を自宅で保管するとカビが生えてしまうことや傷みが生じてしまうことを心配される方もいるのではないでしょうか。

「小さなお墓KOBO」は粉骨したご遺骨をガラス容器内に封入した後に密閉するため、カビが発生しにくいです。

また、粉骨を行う工房では徹底的な衛生管理の元で作成されるためカビの発生原因となる雑菌が入り込んでしまう恐れもありません。

魅力③余ったご遺骨の散骨サービス

「小さなお墓KOBO」の作成をしているブリーズガーデンでは手元供養品の作成だけでなく「粉骨サービス」「海洋散骨サービス」も行っているため、供養のトータルサービスをさせていただく事が可能です。

特に、手元供養品は小さなサイズのものが多いため、ご遺骨を全て納める事が難しい場合があります。

手元供養品に納めることのできなかったご遺骨は別の方法で供養を行う必要がありますが、お墓に維持・管理の必要がない散骨を行われる場合が多いです。

ブリーズガーデンでは海洋散骨に対する、豊富な経験と実績を生かしてお客様にあったご提案をさせていただく事ができます。

「小さなお墓KOBO」についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

小さなお墓KOBO

また、ブリーズガーデンの海洋散骨について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ブリーズガーデンの海洋散骨

自宅にご遺骨を置くことはよくないことではない!

自宅にご遺骨を置くということに抵抗を感じられる方もいるかもしれません。

しかし、ご遺骨を自宅に置くことは法的にも宗教的にもいけない事ではありません。

むしろ、供養の一環として行われることもある正しい行いとされることもあります。

供養の期間が終わり、故人と離れたくないという気持ちが強くなった際には手元供養に夜供養も選択肢の一つとしてご検討されてはいかがでしょうか。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事