ペットロスになりやすい人の特徴|対策とつらい時の対処法を解説

大切なペットを亡くし、ペットロスに苦しむ方は多くいらっしゃいます。

ペットロスをつらいと感じるのは自然なことであり、また誰もが起こり得ることです。

またペットロスになりやすい方にはいくつか特徴があります。

この記事ではペットロスになりやすい人の特徴、ペットロスになりやすい人ができる対策について紹介します。

この記事で挙げる特徴に当てはまる場合は、対策を行うことでペットロスを軽減できるかもしれません。

また、実際にペットロスになってしまった場合の対処法や、周囲の人ができる行動についてもあわせて紹介します。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

ペットロスとは

ペットロスとは、ペットを亡くしたことによって生じる精神的または身体的な不調のことです。

主な症状として以下の症状が挙げられます。

  • とにかくつらく何も手につかない状態に陥ってしまう
  • 突然涙が出てくる
  • 誰にも会いたくなくなってしまう

とにかくつらく何も手につかない状態に陥ってしまう
突然涙が出てくる
誰にも会いたくなくなってしまう

ただし、このような症状に当てはまるからといって悩む必要はありません

ペットロスは自然に起こり得る現象です。

ペットロスがつらいと感じる方は▷つらいペットロスを乗り越える方法と供養方法について解説をご覧ください。

向き合い方や乗り越えるための方法についてご紹介しています。

ペットロスになりやすい人の特徴

ペットロスになりやすい人に当てはまる特徴をいくつかご紹介します。

これらの特徴に当てはまる方はペットロスになりやすい傾向にあります。

ペットを中心とした生活を送っていた

自分のことよりもペットを優先した生活を送っていた方はペットロスになりやすい傾向があります。

趣味や家族よりもペットを優先していた方もいらっしゃると思います。

また、子どものようにペットに愛情を注いでいた方や、一人暮らしでずっとペットと一緒に過ごしてきた方も多いでしょう。

このような生活を送ってきた方の中にはふとしたタイミングで、ペットとの時間を思い返して何も手につかなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

毎日当たり前のように隣にいたペットが急にいなくなってしまった喪失感から、ペットロスになることがあります。

悔いが残っている

「あの時こうしてあげればよかった」などと後悔が残っている場合はペットロスになりやすいです。

ペットへの接し方など、亡くなってからではどうすることもできないことに対して後悔のある方はさらにつらくなってしまう傾向があります。

「あの子は幸せだっただろうか」と会話のできない相手だからこそ悩み、悔やんでしまうことも多いのではないでしょうか。

無理に悲しみを乗り越えようと考える

ペットロスを早く乗り越えようと焦ると余計に深刻なペットロスに陥ってしまう場合があるので注意が必要です。

無理に乗り越えようとすることで、悲しみを十分に解消できないままずっと引きずってしまうことも考えられます。

早く乗り越えたいと考える気持ちも理解できますが、ゆっくりと時間をかけて克服していくと良いでしょう。

焦って供養を決めた

供養方法をよく考えずに焦って決めてしまった方は後から後悔することが多く、結果的にペットロスが長引いてしまう場合があります。

数多くの供養方法から最もご自身の要望に適したものを選ぶことで後悔も少なくなるでしょう。

もしペットの火葬を考える場合、火葬までの日数に法律的な決まりはないので気持ちの整理がつくまで時間をかけても構いません。

火葬までの日数に関して、宗教の観点から見てもご自身で決めることに問題はありません。

ペットロスになりやすい人にできる対策

ペットロスになりやすい方は、対策をすることでペットロスを軽減することができる可能性があります。

対策方法をいくつかご紹介します。

ペットの健康に気を使う

日頃からペットの健康状態に気を使いましょう

会話の通じないペットは体調が悪くてもそれを伝えることはできませんし、隠すようにふるまうこともあります。

定期的に動物病院で検診をおこなうなど、健康管理を徹底しましょう。

検診費用は動物病院や検査内容によって異なりますが、5000円程度から受けられるものもあります。

1年に1回程度は検診を受けると良いでしょう。

また感染症予防のためにワクチン接種が推奨されています。

ワクチンの種類や接種間隔は動物によって異なりますので、動物病院に相談してみましょう。

1人で抱え込まない

1人で抱え込んでしまうとペットロスの症状が悪化してしまうことがあります。

自分1人ではどうしようもなくつらい状況でも、第三者に気持ちを吐き出すことで解決することがある場合もあります。

つらい気持ちを分かってくれる家族や友人など、感情を打ち明けられる人をつくると良いでしょう。

ペットとの時間を大切にする

ペットとの時間を大切にすることで後悔を減らすことができます。

後悔したことがあるとどうしてもつらいペットロスに陥りやすくなってしまいます。

ペットが亡くなった後に「こうしてあげられればよかった」などと悔いても、後からしてあげられることはないためジレンマに陥ってしまいます。

ペットが元気な間に一緒に過ごす時間を大切にしましょう。

大切な存在を亡くしたのですから、後悔を全く抱かないということは難しいかもしれません。

ただし、あらかじめ後悔する要因を減らすことで、こうしたジレンマを抱く可能性を減らすことができます。

あらかじめ準備をしておく

準備は必ずしも生前におこなわなくてはならないものではありません。

しかし、亡くなってすぐのタイミングは悲しい気持ちに襲われ、精神状態も追い詰められていることが考えられます。

その状態では判断力も鈍っており、適切な選択ができない可能性が高いです。

そのため生前にあらかじめ供養や手続きの準備をしておくことが大切です。

供養方法については、近年様々な方法が存在するため、ご自身に最も合った方法を選ぶことが重要です。

またペットロスに対する心構えとして、ペットにも人と同様に寿命があり必ずお別れする日が来ることを理解しておかなければなりません。

事前に準備しておくことで多少なりとも心に余裕ができるかもしれません。

ペットロスになったら

ペットロスは自然に起こり得ることなので無理に乗り越えようとする必要はありませんが、それ

でも救い難いほどにつらく感じることもあると思います。

そこで、ここではペットロスになった場合の対処方法を紹介します。

ペットロスの克服方法について詳しく知りたい方は▷ペットロスは克服できる|ペットロスの症状や克服方法をご紹介をご覧ください。

メンタルヘルスの専門家に相談する

ペットロスになってからご自身の体調が優れないなどの症状がある方は、メンタルヘルスを専門とする医療機関や心理カウンセラーなどの専門家に相談してみましょう

専門家にご自身の体調や気持ちを打ち明けることで気持ちも少し楽になれるかもしれません。

また、具体的なアドバイスをもらうことでペットロスを早く克服することができる可能性もあります。

ペットロスになったことを周囲の方に打ち明ける

ペットロスになってしまったことを周囲の人に相談することも1つの方法です。

周囲の人の中には同じような経験をしてペットロスに苦しんだ人もいるかもしれません。

大切なペットを亡くした悲しみをきっと理解してもらえるでしょう。

前向きな言葉をかけてくれたり、アドバイスをしてくれたりするかもしれません。

自分1人で抱え込むのではなく、周囲に相談することでペットロスのつらさも軽減するかもしれません。

ペットロスを防ぐ・克服するために周囲の人ができる行動

身近な人がペットロスになることを防ぐ、また克服するために周囲の人ができる行動についてご紹介します。

常に寄り添う

身近な人がペットロスに苦しんでいる場合、常に寄り添うことで本人の気持ちや、体調の小さな変化を感じ取ることができます。

場合によってはメンタルヘルスの専門家を紹介するなど、ペットロスがより深刻化する前に助けることができるかもしれません。

本人が気持ちを打ち明けてくれた際には必ず親身になって対応しましょう。

また、相手をさらに傷つけないように言葉選びにも気をつけましょう。

ペットの存在を感じ続けることができる供養を勧めてみる

ペットが亡くなってもずっと一緒にいたいという気持ちをもつ方も多いです。

近年様々な供養方法が存在していますが、その中でもペットの存在をすぐ身近に感じられる方法を勧めてみましょう

ペットの存在を身近に感じられる供養方法に「手元供養」があります。

手元供養とは、火葬した後のご遺骨をお墓などに埋葬するのではなく、自宅に保管して供養する方法です。

ペット用の祭壇を使用する方法や、ネックレスや指輪などのアクセサリーにして供養する方法もあります。

ご遺骨は手元供養品へ封入されるため、自宅外へ行く必要もなくいつでも手を合わせることができます。

今までと同じようにそばにいる感覚が得られ、気持ちも落ち着くかもしれません。

手元供養品には温かみのあるデザインが特徴的なものや美しいインテリアになるものまで存在します。

ペットの手元供養についてさらに詳しく知りたい方はペットの手元供養|手元供養の種類や方法、費用などを紹介(未リンク記事!要確認)をご覧ください。

気にかけすぎない

ペットロスの苦しみを想像すると過度に心配してしまうこともあるかもしれません。

しかし、気にかけすぎるとかえって本人が負担に感じてしまうことも考えられます。

本人がペットロスを克服しつつある時に心配されると、余計につらくなってしまうことも考えられます。

本人の様子を伺いながらも、気にかけすぎないように心掛けましょう

ペットロスはだれでも起こり得る。自分の気持ちと上手に向き合おう

大切なペットを亡くし、ペットロスに苦しむ方は多いです。

ペットロスになりやすい方は、事前の準備や心構えなどでそのつらさを軽減することができるかもしれません。

またペットを身近に感じることのできる供養方法などで解決することもできます。

ペットロスを無理に乗り越えようとする必要もありませんが、あまりにもつらく体調にも影響が出ている場合は、無理をせずに専門の医療機関にかかることも視野に入れると良いでしょう。

身近にペットを亡くしてペットロスに苦しむ方がいる場合は、寄り添いながらも過度に気にしすぎない工夫をすることが重要です。

ペットロスを克服できるよう、適切なサポートを心掛けましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事