ペットが亡くなったことを報告する方法|タイミングも詳しく解説

大切なペットが亡くなり、生前お世話になった方にに亡くなったことを伝えなくてはいけないと考える方も多いでしょう。

しかし、亡くなったことを他人に伝えることは家族にとってつらいことだと思います。

「いつ」「誰に伝えればよいのか」など様々な点で迷われると思います。

この記事では、ペットの訃報を伝える相手やタイミング、言葉使いなどを詳しく解説します。

ペットが亡くなったことを伝える方法にお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

ペットの訃報は周囲の人へ伝えなくてはならないの?

ペットの訃報を周囲の人に必ず伝えなければいけないわけではありません。

ペットが亡くなってすぐは、ペットの死を認めるのがつらい気持ちと、誰にペットの訃報を伝えればよいのか悩む気持ちが入り乱れて、混乱してしまうと思います。

伝える方法やタイミングは、気持ちの整理をつけてから決めても問題はありません。

決まりはない

ペットの訃報を伝えることについて、特に決まりはありません。

ペットの供養が行われるようになったのはまだ日が浅く人の供養のような法的な制限・宗教的なしきたりは特にないため、飼い主が希望する方法で供養を行うことができます。

自分の言葉で、大切なペットの訃報を報告しましょう。

相談してから決めることが重要な場合も

ペットは飼い主だけのものではありません。

家族の一員として、家族から大事に思われていたでしょう。

ペットの訃報を友人や知人に知らせる時は、デリケートな話題であると同時に、飼い主だけでなく家族にとっても大切な存在であり軽く伝えたくない気持ちであるかもしれません。

家族に相談して伝える文言などを決めるとよいでしょう。

ペットが亡くなったことを報告するタイミング

ペットが亡くなってから訃報を報告するまでの期間に決まりはありません

しかし、決まりはないと言われると選択肢が多すぎて、かえって悩んでしまう方もいるでしょう。

ここではペットが亡くなったことを伝えるタイミングについて解説します。

経験がなく迷ってしまうと感じている方はぜひ参考にしてください。

気持ちが落ち着いたとき

飼い主様の気持ちが落ち着いたタイミングで報告しましょう。

ペットを亡くした直後は、悲しむ気持ちで周りのことに手がつかないと感じる方もいるのではないでしょうか。

周囲の人へ報告することで、ペットの死に正面から向き合わないといけないことになります。

気持ちの整理がついてから、周囲の人へ愛するペットの訃報を報告するとよいでしょう。

葬儀や供養を行う予定が立ったとき

中にはペットの葬儀や供養があるなら参加させてほしかった、と思われる方もいるかもしれません。

もし、葬儀や供養の日程が決まっていたら、はやめに連絡することが好ましいでしょう。

ただし、ペットの葬儀や供養の準備にどれくらいの時間がかかるのかわからない方もいらっしゃると思います。

ペットの埋葬の方法や注意点について詳しく知りたい方は
▷ペットをお墓へ埋葬することはできる?埋葬の方法や種類を解説をご覧ください。

自分の気持ちと訃報を受け取る相手の気持ちをよく考えたうえで、ペットの訃報を伝えるとよいです。

ペットが亡くなったことを報告する相手

ペットが亡くなったときに報告する相手も決まりがあるわけではありません。

しかし、ペットの世話で助けてもらった方には生前のお礼や知らせるべきでしょう。

ここでは、ペットの訃報を報告するべき相手について解説します。

家族

近年では、ペットは家族の一員として扱われることが当たり前になりました。

家族に、ペットが亡くなって悲しい気持ちを素直に話すことで、悲しみや辛さを和らげ、ペットとの思い出を偲ぶことができるかもしれません。

真っ先に報告することをおすすめします。

友人

生前のペットをかわいがってくれた友人に報告することで、家族と同様、自分の気持ちの整理をすることにつながるかもしれません。

特に、ペットを通じて知り合った散歩仲間のような友人には、姿が見えなくなったことで心配をかけているかもしれません。

ペットとの楽しい時間を過ごしてもらった方に感謝の気持ちを込めて報告しましょう。

職場の関係者

職場の関係者にも報告するべきでしょう。

葬儀や供養の都合や、気持ちを整理するために、職場をお休みする必要があるかもしれません。

特にペットを亡くしたばかりだと、そのショックで業務に差し障る場合もあるでしょう。

最近では当たり前のように、ペットが家族の一員として扱われるようになりましたが、相手によっては理解してもらえないこともあるので、報告する場合は、言葉を選んでペットの訃報を報告したほうがよいでしょう。

お世話になった方

生前お世話になった方たちにも訃報を伝えましょう。

かかりつけの動物病院の関係者やトリミングショップの関係者など、ペットのお世話に関わっている方はたくさんいます。

その中でも、これまでの感謝を伝えたい、ペットの葬儀や供養に参加してあげてほしいと感じる方に、報告しましょう。

ペットが亡くなったことを報告する方法

ペットが亡くなったことを報告する手段として、「直接伝える」「電話で伝える」「訃報で伝える」といった方法が挙げられます。

それぞれの方法の特徴について詳しく解説していきます。

直接伝える

顔を合わせて報告することで、悲しみや辛さを共有して、自分自身の気持ちに整理をつけるとともに、一緒にペットの思い出を偲ぶことができます。

家族や親しい友人に、直接会って伝えるとよいかもしれません。

電話で伝える

直接会って伝えることが難しい場合の方法です。

文面で伝えるよりも口で伝える方が自分の気持ちを正確に受け取ってもらいやすいという点が特徴として挙げられます。

職場を休む際や、遠方の家族・親しい友人に伝える際に適しているでしょう。

訃報で伝える

直接会えるほど気軽に会うことができない場合や電話するほど深くない関係性の場合、または相手の都合によって会って報告することも電話で報告することもはばかられる場合にとるとよい方法です。

特に、ペットの散歩仲間の友人や動物病院関係者などに手紙やメールなどで伝えるとよいでしょう。

また、口に出してペットの死を伝えるにはまだ心の整理がつかない、という方もペットが亡くなったことを伝えることができる点も特徴として挙げられるでしょう。

ここで、おすすめの表現を紹介します。

それは「虹の橋」という表現です。

この言葉は「ペットが亡くなると天国の手前にある虹の橋にたどり着く」という海外の言い伝えが由来になった表現で、「虹の橋へ行きました」「虹の橋を渡りました」といったように使います。

ペットが亡くなったことを柔らかく表現できる言葉です。

直接的な表現を使うことに抵抗を感じる場合などにぜひ使ってみてください。

ペットが亡くなったことを報告する際の注意点

飼い主自身がペットが亡くなったことに対して、とても悲しい気持ちになりますが、報告を受けた相手も同じくらい悲しい気持であるとはかぎりません。

報告する際は、報告を受ける相手のことを考えなければいけない点もあります。

ここでは、ペットの訃報を伝える際に注意が必要な点を解説します。

忌み言葉に注意する

忌み言葉を使わないように気をつけましょう。

忌み言葉とは、不幸が重なることを連想させる「また」「次々」「ますます」「続ける」というような言葉です。

さらに、報告する相手の宗教にも気をつけましょう。

キリスト教徒の方に「供養」「往生」といった仏教にまつわる言葉を用いて、ペットの死を報告することは控えましょう

価値観は人それぞれであることを理解する

また、価値観は人それぞれあることを意識しましょう。

SNSにペットの訃報をあげた時に一緒に悲しんでくれる人もいれば、不謹慎だと批判する人もいるかもしれません。

さらに、ペットが亡くなったときの姿の写真を、SNSにあげるなどして、周囲の人に見せる行動は飼い主とは違って愛おしいと思われない場合もあります。

報告を受ける相手のことを考え、ペットの死を伝える方法を考えましょう。

感謝を込めてペットが亡くなった報告をしよう

ペットが亡くなったときに、いつ、だれに、どんな方法でペットの訃報を伝えればよいかについて詳しく解説していきました。

飼い主も報告を受けた相手も、心を込めて大切なペットを偲ぶことができるように、相手への気遣いを忘れないことが重要です。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事