ペットロスから助けてほしい時の対処法とは?供養の方法も解説

大切なペットを亡くした経験は非常につらいものです。

多くの方はペットロスと呼ばれる症状に悩み、どうしたらこのつらい状況から抜け出せるのだろうかと考える方も多いでしょう。

周りに相談しにくく、一人で抱え込んでしまっている方も少なくないと思います。

ここではペットロスになってしまった際の対処法や、助けを求められる場所について解説していきます。

またペットを身近に感じ続けることができるおすすめの供養方法、周囲の方ができることについても解説しています。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

ペットロスとは

ペットロスとは、ペットを亡くした際に起こる精神的または身体の不調のことです。

そのためペットを亡くした方のほとんどが経験します。

ペットロスには様々な症状があり、人によって症状の程度も異なります。

ペットを亡くした経験は非常につらく、大きな喪失感を伴います。

亡くしてから時間が経ってもペットロスに苦しんでいる方は多くいらっしゃいます。

ペットロスの症状や心理状態

ペットロスの症状や心理状態は人によって様々です。

代表的な症状・心理状態として、

  • 夜眠れない
  • 食欲の低下
  • 持病の悪化
  • とにかくつらく、落ち込んでしまう
  • 何も手につかない
  • 誰にも会いたくない
  • 突然涙が出てくる

などが挙げられます。

上に挙げた症状以外で悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。

また、これらの症状に当てはまるからといって過度に悩む必要はありません

ペットを大切にしてきたからこそ、このようなつらい状況になるのは自然なことです。

ペットロスをつらく感じる原因

人それぞれペットロスをつらく感じる原因は異なると思いますが、ここではよくある原因についてご紹介します。

よくある原因として、「ペットは大切な家族の一員である」「暮らしがいきなり変化する」「ペットを中心とした生活を送っていた」「やり残したことがあり後悔してします」「最期に立ち会うことができなかった」「焦って供養方法を決めた」などがあります。

これらの原因について詳しく解説していきます。

ペットは大切な家族の一員

ペットを家族の一員として多くの時間を一緒に過ごしてきた方ほど、亡くした時の悲しみは大きくなりやすいです。

ペットがいたときの生活を忘れられず、突然涙が出てくるなどつらい思いをされている方も多いでしょう。

ペットに深い愛情を注いできたからこそ、ペットロスをつらいと感じるのは自然なことです。

暮らしがいきなり変化する

ペットがいて当たり前だった生活が一変するとどうしても落ち着かなくなってしまったり、何も手につかなくなってしまったりすることも多いです。

帰宅すると出迎えてくれたり、散歩が日課になっていたりした場合、このような出来事が急になくなってしまうと突然喪失感に襲われたりふさぎこんでしまうこともあるでしょう。

ペットを中心とした生活を送っていた

ペット中心の生活を生活を長年送ってきた方は特に別れがつらく、悲しみを乗り越えられる気がしないという方も多いでしょう。

子どものように愛情を持って接していた方や、一人暮らしで毎日話しかけていた方、ペットがいるからこそ楽しい生活が送れてきたという方も多くいらっしゃると思います。

やり残したことがあり後悔してしまう

やり残したことなどを後悔してしまうとペットロスがよりつらくなったり長引いたりすることがあります。

「あの時こうしてあげればよかった」「もっと可愛がってあげられたのではないか」など、後悔が多いとペットロスの症状も重くなってしまう傾向にあります。

毎日愛情を注いで接してきた方でも、会話ができないからこそ今までの接し方が本当によかったのかと悩んでしまうことは多いです。

「今から何かしてあげたいと思ってももう遅い」と考えてしまい、さらにつらくなってしまう方も多くいらっしゃいます。

最期に立ち会うことができなかった

ペットを亡くした方の中には、最期に立ち会うことが出来なかった方もいらっしゃるでしょう。

突然の予期せぬお別れをしたという方もいらっしゃるかもしれません。

最期を見とれなった方は非常に悲しみも強くなり、精神的な負担も大きくなる傾向があります。

思いもよらない突然のお別れはやるせない気持ちでいっぱいになってしまい、ふさぎこんでしまうことも少なくありません。

焦って供養方法を決めた

焦って供養方法を決めた方は、のちに「本当にこの供養方法でよかったのだろうか」「もっと様々な供養方法を見てから決めればよかった」と後悔してしまうことも多いです。

特にペットが亡くなってすぐの段階で供養方法を決めると、安定した心理状態でないこともありご自身にとって最適な供養方法が選べない方も多くいらっしゃいます。

もしペットを火葬しようか考えている場合、火葬までの日数に法律的な決まりはないため気持ちの整理がつくまで時間をかけることができます。

これは宗教の観点から見ても問題ありません。

供養方法で後悔しないように気持ちが落ち着いてから様々な供養方法を吟味すること、また自分1人ではなく身近な人と相談しながら決めるとよいかもしれません。

ペットロスがつらく助けてほしい時の対応策

つらくてどうしようもなく、助けてほしいという人もいらっしゃるでしょう。

このような時の対応策をいくつかご紹介します。

ペットロスを無理に乗り越えようとする必要はない

ペットロスは、ペットにたくさん愛情を注いできた方ほどつらく、長引きやすいともいわれています。

「早く立ち直らないと」と焦って気持ちを切り替えようとするとかえって悲しみを拭うことができなくなってしまうことも多いです。

ペットロスは無理に乗り越えようとする必要はありません

焦らずにゆっくりと克服していきましょう。

時間はかかるかもしれませんが、自分の感情と向き合うことで徐々に気持ちの整理もついていきます。

周囲の人に相談する

ペットロスを1人で解決することは難しいかもしれません。

その場合、周囲の人に気持ちを打ち明け、ペットロスに苦しんでいることを相談してみることもペットロスを乗り越える1つの方法です。

ペットロスはペットを亡くしたことのある方であれば誰もが経験することです。

中には非常に落ち込み、何も手につかなかった状態からペットロスを克服したという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方に相談すれば悲しみも共感してくれ、前向きになる言葉をかけてもらえるかもしれません。

周囲の方であればどれだけペットに愛情を注いでいたかも分かるため、悲しい気持ちに寄り添ってもらえるでしょう。

1人で抱え込まないことも大切です。

ペットを身近に感じられる供養方法を選ぶ

ペットの供養方法にはさまざまな種類が存在しますが、中でもペットを身近に感じられる供養方法を選ぶとよいかもしれません。

普段すぐそばにいた存在が突然姿を消してしまうことはとても悲しく、心細くも感じられます。

そこで、ペットのご遺骨を身近に置いておける供養方法を選ぶことで、ペットをすぐそばに感じることができるでしょう。

ペットを身近に感じられる手元供養

ペットを身近に感じられる供養方法の1つに手元供養が挙げられます。

手元供養とは、ご遺骨をお墓などに埋葬するのではなく、手元供養品などに封入され自宅に置いて供養する方法です。

普段身につけられるネックレスや指輪などのアクセサリーにして供養する方法や、ペット用の祭壇を使用する方法もあります。

お墓などに埋葬した場合、自宅から離れた場所にご遺骨があることもありペットを身近に感じることは難しいかもしれません。

しかし手元供養は自宅に保管できたり、身につけることができたりするため今までと同じようにそばにいる感覚が得られるかもしれません。

手元供養品には温かみのあるデザインで居住空間にも馴染み、インテリアになるものもあります。

またいつでも手を合わせることができたり、お墓のように墓石の購入費用や維持・管理費用がかからなかったりする点も魅力です。

ペットの手元供養についてさらに詳しく知りたい方は

ペットの手元供養|手元供養の種類や方法、費用などを紹介

をご覧ください。

助けを求められる場所

ペットを亡くしてつらい思いをされている方の中には、「身近な人には言いにくい」「なかなか周囲に相談できない」という方もいらっしゃると思います。

そこでペットロスがどうしてもつらい場合に助けを求められる場所をご紹介します。

1人で抱え込まず、ペットを亡くした悲しみを他の人に話すことで気持ちが楽になることもあるでしょう。

助けを求められる場所として、ペットロスの自助団体ペットロス専門のカウンセラーなどが挙げられます。

ペットロスの自助団体に参加する

ペットロスの自助団体とは、ペットロスに苦しむ方をサポートする団体です。

ペットロスを克服するために専門的な知識を持った方が相談にのってくれます。

このような自助団体に参加することで今まで誰にも話せなかった悩みなども打ち明けることができ、具体的なアドバイスがもらえるかもしれません。

自助団体の中にはペットを実際に亡くした人たちが集まって形成された団体もあります。

実際につらい思いをしてきた人たちと気持ちを共有し合うことで気持ちが楽になる可能性があります。

同じ境遇であるからこそ、共感もしてもらえやすいでしょう。

ペットロス専門のカウンセラーに相談する

ペットロス専門メンタルヘルス専門のカウンセラーに相談することもできます。

ペットを亡くした悲しみや喪失感、身体の不調なども理解してもらえる場所です。

専門家からの具体的なアドバイスで前向きな気持ちになることもできるかもしれません。

周囲に相談できる人がいない方や精神的・身体的な不調がある方は無理をせず早めに専門のカウンセラーに相談したり、医療機関を受診しましょう。

ペットロスに対する心構え

最愛のペットを亡くす経験は非常につらいものです。

飼う前からペットロスに対する心構えとして理解しておかなければならないことがあります。

それはペットにも人と同じように寿命があるということです。

ペットの寿命は人よりも短いことがほとんどであるため、ペットを飼う方の多くは必ずお別れを経験することになります。

いつかお別れする日が必ずやってくるということを理解しておくだけで、一緒に過ごせる時間を大切にしようと考えるのではないでしょうか。

ペットが亡くなってから後悔があるとペットロスは重症化しやすくなります。

ペットロスを完全になくすことはできないかもしれませんが、たくさん愛情を注いで後悔のないお別れをすることでペットロスを早い段階で克服できるはずです。

ペットロスで助けて欲しいと言われたときに周囲の人ができる対応

周囲にペットロスで苦しんでいる方がいたら助けてあげたいと考える方も多いと思います。

周囲の方ができる対応についていくつかご紹介します。

寄り添った言葉をかける

ペットロスでつらいと感じている方には、感情に寄り添った優しい言葉や前向きになれる言葉をかけてあげましょう。

具体的には、「大丈夫だよ」「きっと〇〇ちゃんもあなたと過ごせて幸せだったと思うよ」など相手の気持ちを受け入れる言葉や前向きで明るい言葉はペットロスでつらい方に安心感を与えるはずです。

逆にペットを亡くした方に言ってはいけない言葉として、「また新しいペットを飼えばいいよ」「そんなに落ち込む必要ないよ」などがあります。

このような声掛けをすると相手をさらに悲しませることになりかねません。

家族の一員として、たくさんの愛情を注いで一緒に過ごしてきたペットとのお別れは想像を絶するほどつらいものです。

「自分がもし同じ立場だったらどのように感じるだろうか」と考えてから発言するようにしましょう。

相談に乗れることを伝える

ペットロスに苦しんでいる方の中にはなかなか助けてと言えない方もいらっしゃいます。

そのため「なんでも話を聞くよ」などと相談しやすいように優しく声をかけることが大切です。

相談に乗ることができることを自分から伝えることで、ペットを亡くした方は一人で抱え込むことが少なくなるでしょう。

相談できる人がいるという安心感にも繋がります。

相談してくれたら必ず寄り添って適切な声掛けをしてあげましょう。

もし自分が同じ状況になったらどのように感じるか考えて接することが重要です。

ペットの存在を感じ続けることができる供養を勧めてみる

ペットが亡くなっても、この先ずっと一緒にいたいと考える方は多くいらっしゃいます。

そこでペットの存在を身近に感じ続けることができる「手元供養」を勧めてみるのもよいでしょう。

手元供養は火葬後のご遺骨をお墓ではなく自宅に保管して供養するため、家の中でいつでも手を合わせることができます。

亡くなる前と同じようにペットを身近に感じることができ、気持ちも落ち着くかもしれません。

「手元供養ならまたずっと一緒に暮らしていけるよ」などと勧めてみてはいかがでしょうか。

ペットの手元供養についてさらに詳しく知りたい方は

ペットの手元供養|手元供養の種類や方法、費用などを紹介

をご覧ください。

過度に気にしすぎない

ペットを亡くし悲しんでいる方が近くにいると心配になる気持ちも分かりますが、過度に気にしすぎないことも大切です。

過度に気にすることで本人が負担に感じてしまう可能性も考えられます。

本人が立ち直れそうな時に余計に声をかけられるとかえってつらかった時のことを思い出してしまい、また落ち込んでしまうこともあります。

相手の様子を伺いながら、過度に気にしすぎることなく必要に応じて声をかけるようにしましょう。

「助けてほしい」と相談された場合は必ず親身になって対応しましょう。

ペットロスでつらい場合は一人で抱え込まない選択を

ペットを亡くして「つらい」「悲しい」と感じる方は、ペットにたくさんの愛情を注いで一緒に過ごしてきた証拠です。

ペットロスはつらく乗り越えるのが難しいと感じる方も多いと思いますが、そのように感じることは自然なことです。

無理に乗り越えようとする必要も、急いで供養方法を決める必要もありません。

あまりにもつらく「助けてほしい」と感じたら一人で抱え込まずにペットロスの自助団体ペット専門の心理カウンセラー、また周囲の方に相談することも1つの方法です。

大切なペットを亡くしてつらいという気持ちを受け入れてくれる場所があります。

周囲にペットロスで悩んでいる方がいる場合は適切な対応を心掛けましょう。

もし自分が同じ立場だったらどう感じるかを考えることが重要です。

ペットを飼ったことのない方でも、自分の家族に置き換えて考えれば想像できると思います。

親身になって寄り添い、温かい言葉をかけてあげましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事