手元供養品には喉仏を入れなくてはいけない?部位の選び方を解説

喉仏 遺骨 骨壷

近年、供養の形が多様化しており、新しい供養について耳にする機会が増えたという方もいるのではないでしょうか。

その中でも手元供養は「お墓を管理する必要がない」「故人とずっと一緒にいる事ができる」などの理由から注目されている供養の一つです。

そんな手元供養ですが、どのご遺骨を選べば良いか迷っているという声をよく耳にします。

手元供養品はサイズが小さく、全てのご遺骨を収める事ができない場合がほとんどです。

そのため、多くの場合では手元供養品を作成する際に、納骨するご遺骨を選ぶ「分骨」を行う場合が多いです。

特に、

  • 「手元供養品に入れなくてはいけない部位はあるのだろうか」
  • 「喉仏は神聖だと聞いたことがあるから入れなくてはいけないのだろうか」
  • 「そもそもなんで喉仏は大切だと言われるのだろう」

などの疑問を感じたことのある方もいるのではないでしょうか。

この記事ではそんな手元供養に入れるご遺骨の部位の選びについてを解説します。

                               

ABOUT KOBO

                                   

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

分骨する時の部位の選び方

手元供養品に分骨をする部位に決まりはありません。

多くの宗教において、特定の部位を納骨しないと「縁起が悪い」「成仏できない」などと考えられることはないので安心してください。

どのご遺骨も大切な方の生きた証であり、部位に関わらず「敬うべき」「尊重するべき」と感じるでしょう。

手元供養を目的とした分骨は、宗教的な考えやしきたりに基づいて行うものではありません。

そのため、自分たちなりの考えで納骨する部位を選ぶ事ができます

喉仏は神聖な部位であると考えられる事がある

火葬時や骨上げの際に、「喉仏は神聖な部位である」と聞いた事がある方もいるのではないでしょうか。

喉仏とは、「第二頚椎(だいにけいつい)」という首の骨です。

一般に、男性の喉に見られる突起も喉仏と呼ばれますが、これは「喉頭隆起(こうとうりゅうき)」と呼ばれる軟骨の一部分で第二頚椎とは全く別のものです。

火葬後に残る喉仏は​​仏様が合掌をして座禅を組んで見える​​ため、「仏様の宿る神聖な部位」と考えられることがあります。

また、このような考えからある地域では喉仏は重要視されており、喉仏専用の骨壷へ納める場合もあるようです。

ただし、特に宗教や地域のしきたりによる考えがなければ、喉仏を納骨することを意識する必要はありません​​

喉仏が神聖であるとされる理由や分骨の際の部位の重要性についてさらに詳しく知りたい方は▷分骨をする部位に決まりはある?分骨に適した部位、注意点を解説をご覧ください。

手元供養品に入れる部位の選び方

手元供養品に納骨する部位に決まりはありません。

故人やご遺族の意思に従って自由に選ぶ事ができます。

ただし、「どの部位でも構わない」と言われても、選択肢が多すぎてどの部位を封入すれば良いか迷ってしまいますよね。

そこで、手元供養品に入れるご遺骨を決めやすくするためのポイントをいくつかご紹介します。

納骨する部位を決められず悩んでいるという方はぜひ参考にしてください。

手元供養品に喉仏は入れるべき?

手元供養品に喉仏を入れなくてはいけないという決まりはありません。

そのため、特に宗教上の考えやしきたりがなければ、故人や故人に近い方の意思を尊重しましょう。

ただし、ご遺骨を手元供養品に収める際には、ご遺骨を細かく砕く「粉骨」を行う場合が多いということに留意する必要があります。

手元供養品は小さなサイズであることに加え、開口部が小さく封入するためには粉骨をしなければならない場合があります。

また、ご遺骨を清潔な状態に保ち、カビや傷みの発生を抑える目的で粉骨をする場合もあります。

喉仏はその形状から神聖視されますが、粉骨を行うと形状を留める事ができなくなってしまいます。

喉仏にこだわりがある場合は、粉骨の必要のない大きさの手元供養品を選択するなどの選択肢があります。

粉骨の必要がない手元供養品も多く存在するため、手元供養品の作成業者へ相談してみると良いでしょう。

手元供養品にご遺骨を入れる事ができないパターン2選

全てのご遺骨が手元供養できるわけではなく、手元供養品に入れる事ができないパターンもあります。

ここでは封入することのできないパターンを2つご紹介します。

カビ・傷みがある

ご遺骨にカビや傷みが生じている部位は封入する事ができません。

多くの手元供養品ではご遺骨を容器内で密閉します。

そのため、カビや傷みのある状態で清潔なご遺骨を一緒に保管すると、さらにカビや傷みが増えてしまう原因になります。

カビや痛みがある箇所を切除する事で手元供養品への封入が可能になります。

「手元供養を検討しているが、ご遺骨にカビや痛みがある」という場合は、手元供養品の作成業者や粉骨業者へ相談をしましょう。

周囲の方が納得していない

周囲の方からご遺骨を手元供養することに同意を得られていない場合は、手元供養をすることは控えましょう。

ご遺骨を一度粉骨すると元に戻すことはできません。

そのため、強引に手元供養をしてしまうとトラブルに発展してしまう事があります。

手元供養に反対されてしまった時は、「反対されてしまう理由」ということに対して「真摯に対応する」、「これまでの供養にはないメリットが多くあるということを伝える」などのことを意識すると周囲の方にも納得していただきやすいです。

手元供養に反対されてしまった時の対処法について詳しく知りたい方は▷手元供養は良くないこと?良くないと言われる理由や対処法を徹底解説をご覧ください。

温かみのある手元供養品なら「小さなお墓KOBO」

温かみのある手元供養品を探している方には「小さなお墓KOBO」がおすすめです。

「小さなお墓KOBO」を作成しているブリーズガーデンでは「粉骨」「手元供養品の作成」「散骨」までのサービスを自社内で行っているため、大切なご遺骨を一元的に供養させていただく事ができます。

また、ブリーズガーデンでは豊富な経験と実績を生かしてお客様に最もあったご提案をさせていただく事ができます。

「小さなお墓KOBO」についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

▷小さなお墓KOBO

手元供養品に入れるご遺骨に決まりはない!喉仏を入れるか迷ったときは意思を尊重して選ぼう

手元供養品に入れる部位に決まりはないため、故人や周りの方の意思を尊重して選ぶ事ができます。

喉仏は神聖視されることもある部位ですが、故人のご遺骨にはどの部位も均等に尊く感じるのではないでしょうか。

最も自分たちの想いを示すことのできる供養を行えるようにしましょう。

ABOUT KOBO

KOBO5周年キャンペーン実施中!

KOBO(コボ)は、実用新案取得済のガラス製のちいさなお墓です。どんな場所でも馴染みやすいデザインで、優しく部屋を彩ります。
現在、総額56,000円(税別)が0円になる5周年キャンペーンを実施中です!詳細は以下からご覧ください。

キャンペーン詳細を見る 資料ダウンロード(無料)

関連する記事